IT仕事内容

ネットワークエンジニアとは?仕事内容&必須スキルまとめ

「ネットワークエンジニアってどんな仕事なの?」「そもそもネットワークって何?」といった疑問を抱く方が多いのではないでしょうか。 コンピューターネットワークを扱う専門家「ネットワークエンジニア」は、IT技術の発達により登場した職種のひとつです。 ITインフラであるネットワークをつくりあげるネットワークエンジニアはIT時代に欠かせない存在となっていますが、用語の聞き慣れなさもあいまって、なんとなくハードルが高い仕事のように思われがちです。 この記事では、ネットワークエンジニアの仕事内容や必要なスキルついて具体的に説明していきます。

ネットワークエンジニアの仕事内容の全体像を把握しよう

ネットワークエンジニアとは、コンピューターネットワーク(コンピューター機器同士の通信ネットワーク)の設計・構築・運用・保守・監視を担うエンジニアのことです。

コンピューターネットワークは、コンピューターやサーバーといったネットワーク機器をケーブルや無線などでつなぎあわせ、データを受信したり発信したりできるようにする仕組みのことを指します。いま閲覧しているインターネットも、コンピューターネットワークのひとつです。

ネットワークエンジニアは、この「コンピューターネットワーク」を新しく作ったり、不具合があったときに修復するエンジニアです。ネットワークは電気、ガス、水道に次ぐ第四の社会インフラとなっているため、ネットワークエンジニアのことをインフラエンジニアと呼ぶこともあります。

仕事内容は「要件定義」「設計」「構築」「運用」「保守」「監視」の6つに分類されます。要件定義、設計、構築を「上流工程」、保守、運用、監視を「下流工程」と呼びます。

ネットワークエンジニアの6つの仕事内容



関連記事:ネットワークエンジニアの仕事内容をすべて紹介|業務内容や雇用形態

キャリアパスはスペシャリストかゼネラリスト

ネットワークエンジニアのキャリアパスには、特定の分野に特化したスペシャリストになるか、幅広い分野をマネジメントできるゼネラリストになるかの2つのパターンがあります。

スペシャリストとしては、ネットワーク設計に特化した「トップアーキテクト」や、セキュリティに特化した「ホワイトハッカー」などがあります。ゼネラリストとしては、設計から実装まですべてできる「フルスタックエンジニア」や、プロジェクトをまとめる「プロジェクトマネージャ」があります。

関連記事:ネットワークエンジニアのキャリアパスとは|目標別の成功方法を解説

年収はエンジニアの中でも上位

ネットワークエンジニアの年収は、仕事内容によって400万円から800万円と幅があります。20代のうちはプログラマーなど他のエンジニアと比べるとやや低い傾向にありますが、30代から40代になるとエンジニアの中でも高い職種に逆転します。キャリアを積んで、資格を取得すれば年収800万円以上も夢ではありません

下の表は、主な転職メディアにおける年代別の平均年収の一覧です。

平均年収 20代 30代 40代 50代
DODA 455万円 376万円 529万円 615万円 738万円
マイナビAGNET 455万円 376万円 554万円 - -
マイナビ転職 439万円 380万円 474万円 549万円 -
転職会議 469万円 344~527万円 527万円 595万円 -
平均年収.jp 655~800万円 373~465万円 511~583万円 655~734万円 531~786万円
給料BANK 449~591万円 348万円 432万円 540万円 -

年収をアップさせるためには設計や構築などの上流工程の業務につく必要があります。上流工程は知識やスキルが求められるので、初めのうちは下流工程でエンジニア経験を積んで徐々にステップアップしていくことを目指しましょう。

下の表は、下流工程と上流工程の平均年収の一覧です。

設計・構築 平均年収 20代 30代 40代 50代
DODA 455万円 376万円 529万円 615万円 738万円
転職会議 469万円 345~418万円 527万円 595万円 -
運用・保守・監視 平均年収 20代 30代 40代 50代
DODA 381万円 334万円 456万円 549万円 611万円
転職会議 371万円 307~361万円 403万円 515万円 -

関連記事:ネットワークエンジニアの年収は低い?相場と年収アップ方法

近年の注目技術|IoT、クラウド化

ネットワーク業界は新技術が続々と登場している注目の業界でもあります。特に近年注目すべき技術として、IoT、クラウドの2つを挙げることができます。

IoT(=Internet of Things)は「モノのインターネット」という意味で、自動車や家電製品などすべての「モノ」がインターネットにつながることを言います。高速通信が可能となる5Gが普及することで、今後さらに可能性が広がり注目されている技術です。

クラウドはインターネット経由で利用できるサービスのことです。Googleドライブやdropboxなどのクラウドサービスを利用することで、パソコン自体が故障してもデータを保管することができます。企業の動向としては自社サーバのクラウド化がトレンドとなっています。

関連記事:【2020年】IT業界の最新技術と今後の動向

ネットワークは将来性のある社会インフラ

コンピュータネットワークは、IT社会に必要不可欠な社会インフラとなっているため、エンジニアの中でも安定した将来性のある仕事です。

日本のIT業界を支える独立行政法人である、IPA(情報処理機構)が発表した「2019年度組込み/IoT産業の動向把握等に関する調査」においても、ネットワークやIoTといった技術がベスト5に入っています。

現時点で必要とされている技術として1位にあげられているものでは、トップの設計・実装技術について、無線通信・ネットワーク技術とIoT技術が2位と3位に並んでいます。

現時点で最も重要な技術

今後強化したい技術の1位のランキングにおいても、トップのAI技術に次いでIoT技術が2位、無線通信・ネットワーク技術が4位という結果になっています。

最も強化・新たに獲得したい技術

参考資料:IPA「2019年度組込み/IoT産業の動向把握等に関する調査」

クラウドサービスも徐々に定着し始めているうえ、中小企業もネットワーク整備を行うようになったため、設計や構築の面でもまだまだ需要はあるでしょう。既に構築し終えた既存のネットワークの運用と保守という重要な仕事もあるので、仕事がなくなることがないどころか、人手が足りないという現場もあるほどです。 

関連記事:IT業界の将来性はない?今後も需要のあるエンジニアとは?
ネットワークエンジニアの将来性は? 必要な7つのスキルを解説


あなたにはどのエンジニアが向いてる?
今すぐエンジニア診断してみよう


「エンジニアになってIT業界で働きたい」
「エンジニアに興味はあるけど、種類が多すぎて自分に向いてる職種がわからない」

そんな悩みを解決するのが、「エンジニア診断ツール」です。


・診断できるのは8種類のエンジニア。

・たった30秒で完了


「エンジニア診断」はたった12の質問に答えるだけで、あなたに向いているエンジニアを診断。


診断結果には仕事内容の概要も掲載しているので、自分に合ったエンジニアについて詳しく知って、エンジニア就職に一歩近づきましょう。

エンジニア診断CTAボタン

知識とスキルが必要! 上流工程の仕事内容

上流工程は、要件定義、設計、構築といった、新たにネットワークを導入することに関する仕事です。

ネットワークに関する知識はもちろんのこと、企画力やマネジメントスキル、そしてコミュニケーション能力も求められます。ネットワークエンジニアの仕事の中でも特に高度であり、技術者が不足している工程です。

上流工程の仕事内容

設計や構築といった上流工程に携わるためには、ネットワークに関する資格を保有していることが重要になってきます。ネットワーク構築では最低でもCCNAの知識が必要となり、案件によってはCCNPレベルの知識が必要となってきます。ネットワーク設計では最低でもCCNPの知識全般が必須となります。

お客様の要望を聞く要件定義

要件定義務は、何のために、どのようなネットワークを作る必要があるのかなどの要望を確認する仕事です。企業がネットワークシステムを必要とする場合「業務効率を良くしたい」「コストを削減したい」「情報共有やコミュニケーションを円滑化し仕事をスムーズに行いたい」などの目的があります。 

それらの目的に対して「どういったネットワークシステムを構築すればいいのか」「何と何を繋げば良いのか」「ネットワークシステムを導入するにあたって何か要望はあるのか」などを細く聞いていく作業になります。 ほとんどの場合は、コスト内が最優先になるので、限られたコスト内で最大限目的を達成できるプランを考えることになります。

ニーズを捉えた構築が鍵! 設計業務

設計業務は、お客様の要望にあったネットワークシステムをどのように構築するかの設計図を作る仕事です。お客様となる企業のネットワークインフラの課題を解決するためにはどんなシステムを構築すれば良いのかを設計していきます。 

具体的には、どのような技術を使うか決める(=論理構成)、ネットワーク上のデータの優先度(=QoS)を決める、どの機器を使ってどんな構成にするか設計する(=物理構成)、費用対効果やスケジュールの調整などといった作業をします。 

設計業務でシステムの大枠が決定されるので、最も責任感のある業務といえます。そのため長年のネットワークエンジニア経験や、お客様とのコミュニケーション能力も必要です。高いスキルが求められる仕事なので給与も高い水準になります。

最後に要件定義・設計業務の一日の一例を見てみましょう。

要件定義・設計業務の一日

ネットワークを組み立てる構築業務

構築業務は、設計図をもとにネットワーク機器に設定を投入してネットワークシステムを構築していく仕事です。ここで設計されたものが、実際の機器を使って実体化されます。

具体的には、ネットワーク機器を発注して設定(=コンフィグ)を組み込んだり、想定通りに動作するかテスト検証を行う、ネットワーク機器を設置してケーブルの配線を行うなどといった作業をします。 

構築のテストなどで設計のミスに気づいたり、コンフィグのエラーを修正できるように、高い知識とスキルを身につけておくことが必要であるため、未経験からいきなり挑戦するのは少し難しいでしょう。

最後に構築業務の一日の一例を見てみましょう。

構築業務の一日


あなたにはどのエンジニアが向いてる?
今すぐエンジニア診断してみよう

「エンジニアになってIT業界で働きたい」
「エンジニアに興味はあるけど、種類が多すぎて自分に向いてる職種がわからない」


そんな悩みを解決するのが、「エンジニア診断ツール」です。


・診断できるのは8種類のエンジニア。

・たった30秒で完了


「エンジニア診断」はたった12の質問に答えるだけで、あなたに向いているエンジニアを診断。


診断結果には仕事内容の概要も掲載しているので、自分に合ったエンジニアについて詳しく知って、エンジニア就職に一歩近づきましょう。

エンジニア診断CTAボタン

未経験からも入りやすい下流工程の仕事内容

下流工程は、運用、保守、監視といった、すでに運用開始しているネットワークの障害対応や安定運用に関する仕事です。「急にネットが繋がらなくなった」「重要なファイルにアクセスできなくなった」など、お客様からのSOSに対応します。

下流工程の仕事内容
手順書やマニュアルが用意されていたり、複数名でチームを組んで行うことが多いので、ネットワークエンジニア未経験者が最初に任されやすい工程になります。 

細かい変更作業をする運用業務

運用業務は、運用を開始したネットワークを維持をするために管理し、メンテナンスしていく仕事です。 

具体的には、社内のパソコンが増えるので回線の増強などを計画する、古くなった通信機器を新しくするスケジュールや機器選定を行う、新しくサーバを増やしたいのでファイアウォールの設定を変更するなどといった作業をします。

運用業務の中で手順が確立している設定変更業務などは高いスキルは要求されないので、未経験者からでも、比較的採用されやすい業務となります。ただし、ネットワークシステムの更改を計画する運用管理者となると高いスキルが必要です。 

最後に運用業務の一日の一例を見てみましょう。

運用業務の一日

障害発生時に復旧する保守業務

保守業務は、運用を開始したネットワークシステムで障害が発生した場合に、障害箇所の特定や問題解決をする仕事です。 

具体的には、通信障害の原因が機器設定ミスなのか機械の故障なのかを特定する、障害復旧作業の日程を調整する、故障した機器を新しい機器と交換するなどといった作業をします。

障害復旧は迅速な対応が求められるので、場合によっては急遽夜間に作業をすることもありますが、基本的に定常業務はないので、普段は運用業務を兼任していることも多く、運用保守とまとめて呼ばれます。

最後に保守業務の一日の一例を見てみましょう。

保守業務の一日

関連記事:フィールドエンジニアとは|仕事内容から年収や将来性まで徹底解説

障害がないか監視する監視業務

監視業務は、ネットワークやサーバーが実際に正常稼動しているか監視する仕事です。その時に出力されたエラーに対し、正確かつ迅速に対応する事が求められます。

具体的には、監視端末(モニター)を眺めて通信エラーが起きていないか確認する、エラーが起きた際に上司に報告する、エラー原因を特定して修正するなどといった作業をします。

ネットワークシステムは24時間365日稼働が求められるので、監視業務は夜勤がある可能性が高いです。監視をする際の勤務形態は会社によって異なりますが、3交代で行われていることが多く、休日もシフト制で3日勤務して1日休みが一般的です。

最後に監視業務の一日の一例を見てみましょう。2交代制のため、17:00~翌10:00までという長時間シフトになってますが、その代わり出勤日数は月10日のみです。

監視業務の一日

ネットワークエンジニアに向いている人の3つの特徴

IT関連のエンジニアになるには、理系の知識や素質が求められると思われがちですが、ネットワークエンジニアに関しては、文系か理系かはあまり関係ありません。 

ネットワークエンジニアは日々進化するネットワークの技術を生涯学び続ける必要があります。そのため、常に新しい知識を得る努力ができることや、知的好奇心が旺盛である人が向いていると言えるでしょう。

ネットワークエンジニアに向いている人の特徴

①新しい知識を吸収するのが楽しい

ネットワークエンジニアに向いている人の一番の特徴は「IT関係の知識を吸収するのが楽しい」と思えるかどうかではないでしょうか。

ネットワークエンジニアとして仕事を続けていくためには、常に新しい技術を知っておく必要があります。そこでITの最先端についての情報収集力が重要になります。

新しいことを学ぶことが楽しく感じる人は、スキルの上達や知識の習得も早いので、結果的に資格取得やステップアップも早くなります。

普段から気になったものを調べることが好きな人はネットワークエンジニアに向いているといえるでしょう。

②裏方の仕事に達成感を覚える

インフラとして基盤をつくる裏方の仕事に達成感を覚えるような人もネットワークエンジニアに向いています。

ネットワークは電気・ガス・水道と並ぶ第四のインフラとして、社会に無くてはならないインフラです。社会インフラを守っているネットワークエンジニアは責任感や達成感の高い仕事といえます。

表に立って目立つ華々しい仕事をするよりも、裏方として地道に人々を支える仕事に働きがいを感じる人に向いている仕事です。

③同じ作業を繰り返すことが苦にならない

ネットワークエンジニアは、デスクワークが中心でコツコツと作業を進めていくことも多いです。ネットワークの構築や保守などは地道な作業が続くため、一つのことに集中してモノを作ることが好きな人には向いている職種といえます。

同じ作業でも飽きることがなく、 一度始めたら最後までやりきる力がある人は非常に向いているでしょう。


ネットワークエンジニアに必要な3つのスキル

ネットワークエンジニアには、主に「コミュニケーション能力」「課題解決能力」「ネットワークに関する専門知識」の3つのスキルが求められます。

①他人と調整できるコミュニケーション能力

ネットワークエンジニアは、クライアントやプロジェクトチームと積極的にコミュニケーションをとる必要がある仕事です。コミュニケーション能力は、技術力や専門知識と並んで重要視されるスキルです。 

要件定義、設計、構築ではコミュニケーションを何回も繰り返すことによって、お互いに認識を合わせていくことでお客様の望むサービスを導入することにつながっていきます。要件定義で必要にあるヒアリング力やプレゼンテーション力もコミュニケーション力の一種といえます。

また運用、保守、監視といった業務においても、技術的な専門用語を簡潔で的確にわかりやすく説明する必要があるため、コミュニケーション力は必須となります。手順書や報告書を作成する文章作成能力も必要です。

②課題解決できる論理的思考能力

ネットワークエンジニアとして重要なのは、突発的なトラブルに対応する柔軟な考え方です。一刻も早く障害復旧するためには、最短時間で効率よくチェックして障害箇所を特定する必要があるため、冷静な分析力と的確な推理力が求められます。

設計や構築といった作業においても、目的を実現するために何が必要かどうすれば効率的かといったことを考える際に論理的思考が必要になります。

関連記事:ネットワークエンジニアに求められる知識とスキルとは?

③資格で証明しよう! ネットワークの知識

当たり前にはなりますがネットワークに関する知識や技術力が必要になります。「TCP/IP」「ルーティング」「スイッチング」「サーバ」「ファイアウォール」といったネットワークの基盤となる専門知識のほかに、設定の仕方やログの見方などの知見も求められます。 

設定方法は機器ごとに違いがあるため、習得するには何年かの経験が必要となります。IT技術は日々進歩しているため、継続的な勉強が求められる点も特徴です。

ネットワークの知識を証明できる資格にCisco認定資格と国家資格の2つがあります。IT関連の資格のランクづけを行っているスキル標準ユーザー協会による各資格のレベルは以下の通りです。


ネットワークエンジニアになるのであれば、ネットワークに特化した資格であるCisco認定資格のほうがおすすめです。国家資格の「ネットワークスペシャリスト」はネットワークエンジニアに特化した資格ですが、「ITパスポート試験」「基本情報技術者試験」「応用情報技術者試験」はIT技術者全般に関する資格なので、ネットワークの専門知識を証明するのにはあまり適していないでしょう。

以下の表は、ネットワークエンジニアの仕事内容ごとのエンジニア経験年数と資格レベルの目安です。未経験からネットワークエンジニアになる場合は、はじめは運用、保守、監視といった業務に携わることになるのが一般的なので、CCT(=シスコ技術者認定エントリー)もしくはCCNA(=シスコ技術者認定アソシエイト)の資格を取得していると良いでしょう。


関連記事:ネットワークエンジニアにおすすめ資格一覧|年収や難易度まで紹介

ネットワークエンジニアになるためには

コミュニケーション能力など上記のスキルがあれば、未経験からでもネットワークエンジニアになることができます。IT経験がない場合でも「コミュニケーション能力」と「今後の将来性」を感じることができれば採用に近づくことができます。

コミュニケーション能力は企業との面接で確認されます。自己紹介や面接の練習を繰り返すことで、落ち着いて面接に挑めるように整えましょう。転職エージェントサービスを利用するなどして他者目線の意見を取り入れて準備しましょう。

今後の将来性としては、ネットワーク業界への情熱やネットワークの資格の取得があげられます。「エンジニア経験はないですが、勉強して資格を取得しています」とアピールできると採用の可能性が高まるでしょう。自力で資格を取得するのが難しい人は、ITスクールを利用して試験対策する方法がお勧めです。

関連記事:未経験でもなれるネットワークエンジニア|売り手市場のインフラ業界
     ネットワークエンジニア転職で失敗しない方法|面接ポイントや資格

ネットワークエンジニアの仕事内容を知って就職活動に生かそう

ネットワークエンジニアの仕事内容や、求められるスキルについてご紹介しました。ネットワークエンジニアは、未経験者からでも入りやすいエンジニア職です。IT社会化に伴うネットワークエンジニアの需要の高まりにより、求人も見つけやすい業界といえます。

仕事内容や必要なスキルを深く理解して、就職活動やキャリアプランに役立てましょう。「文系だから無理かも」「IT経験がないから難しそう」と恐れずに、エンジニアへの一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。

転職に迷ったらやってみよう!【エンジニア診断】

記事の監修責任者

飯塚 寛也
エンジニアとして移行調整・NW更改作業・クラウドシステムの設計・構築等を手掛ける。 入社2年目でネットワーク最高資格であるCCIEの筆記試験に合格。 人材開発室にてCCNA/CCNPの勉強会を50回以上開催、100名以上の合格者を輩出し、スクール事業の礎となる。
▶監修責任者からのメッセージを読む

無料カウンセリング、参加受付中!

IT業界やネットワークエンジニアのこと、
当校や入校に関する疑問、ご相談などお気軽におたずねください。