IT資格

Cisco技術者認定資格とは? 種類・難易度と受験方法を解説

「ネットワーク技術者にはどんな資格があるのかなぁ」「Cisco技術者認定資格って難しいの?」

ネットワーク技術者を目指す人向けの資格はいくつか存在します。資格を取得することでネットワークの専門知識が身につくだけでなく、就職や転職に役立ちます。特にCisco技術者認定資格は、ネットワーク技術の知識と能力を証明する世界共通基準の資格として人気があるベンダー資格です。

この記事では、Cisco技術者認定資格の概要や取得のメリットから受験方法について解説します。

Cisco技術者認定資格の一覧表と難易度

Cisco技術者認定資格はCiscoシステムズ社が認定するネットワークのスキルを証明する資格の総称です。Cisco技術者認定資格には認定レベルと認定分野があります。認定レベルによって難易度が変わり、ネットワーク技術の入門レベル(=エントリー)から、世界的にも高く評価される上級レベル(=エキスパート)まで幅広く設定されています。

Cisco技術者認定資格の一覧表

参考:Cisco技術者認定 -トレーニング&認定- Cisco

技術力の証明になる5つの認定レベル

Cisco技術者認定資格は5つのレベルに区分されており、「エントリー」「アソシエイト」「プロフェッショナル」「エキスパート」「アーキテクト」の順番で難易度が上がります(エントリーが最も簡単)。

認定レベルとエンジニア経験年数の目安としては、エントリーが未経験者の入門資格、アソシエイトがエンジニア経験1~3年の初級資格、プロフェッショナルが3~5年の中級資格、エキスパートが5~7年以上の上級資格となってます。

ネットワークデザイン分野ではエキスパートの上にアーキテクトという最上級資格があります。

認定レベル 認定試験 目安経験年数
エントリー CCT( Cisco Certified Technician) 未経験
アソシエイト CCNA(Cisco Certified Network Associate)
DevNet Associate
1~3年
プロフェッショナル CCNP(Cisco Certified Network Professional)
DevNet Professional
CyberOps Professional
3~5年
エキスパート CCIE(Cisco Certified Internet Expert)
CCDE(Cisco Certified Design Expert)
5~7年
アーキテクト CCAr(Cisco Certified Architect)

専門分野の証明になる9つの認定分野

各レベルの資格はさらに次の9つの分野に細分化され、業務や業界に適した資格が用意されています。

認定分野 認定試験 分野内容
DevNet DevNet Associate
DevNet Professional
ソフトウェア・自動化
CyberOps CyberOps Associate
CyberOps Professional
サイバーセキュリティ
Design
(デザイン)
CCNP Enterprise
CCDE
CCAr
ネットワークデザイン
Enterprise
(エンタープライズ)
CCNP Enterprise
CCIE Enterprise Infrastructure
ネットワーク技術
Wireless
(ワイヤレス)
CCNP Enterprise
CCIE Enterprise Wireless
無線通信
DataCenter
(データセンター)
CCNP DataCenter
CCIE Data Center
データセンター管理
Security
(セキュリティ)
CCNP Security
CCIE Security
ネットワークセキュリティ
Collaboration
(コラボレーション)
CCNP Collaboration
CCIE Collaboration
IP電話・WEB会議
コミュニケーションツール
Service Provider
(サービスプロバイダー)
CCNP Service Provider
CCIE Service Provider
インターネットサービス提供

未経験からのエンジニア転職は資格の取得で成功に近づける

「未経験からエンジニアに転職したいけど、何を勉強すればいいかわからない」という悩みを持っている人は、まずは資格取得をめざしてみてください。資格を持っていれば未経験でも「知識がある」という証明になります。

ネットビジョンアカデミー」なら、資格取得率99%・最短一か月で資格の取得が可能です

知識0からでも、資格をとって優良企業へのエンジニア転職が可能です。受講料が完全無料で受けられるので、まずはネットビジョンアカデミーについて詳しくチェックしてみてください。

CTAボタン

【2020年2月改定】Cisco技術者認定資格の変更点

2020年2月に試験内容の大幅な変更がありました。主な変更点は次の通りです。

 ・CCNA試験の集約化
 ・「DevNet」分野の新設
 ・アソシエイト・プロフェッショナルレベル認定の取得に必要な前提条件の廃止
 ・継続教育オプションをすべての受講者が利用可能
 ・ 20 年以上の CCIE ホルダーの認定期間変更

改定の大きなポイントは、「CCNAの集約化」と「DevNetの新設」です。また、これまで一部のレベルにしか適応されなかった認定取得の前提条件や、継続教育プログラムを全受講者が利用できるように改正されました。どちらも、これまで条件があわずに諦めていた人には朗報と言えるでしょう。

旧試験範囲と新試験の対応関係

旧試験のエントリーレベル資格であったCCENTは新試験で廃止され、代わりにCCTがエントリーレベル資格として新設されました。

CCENT試験の変更内容

CCNAは、旧試験のアソシエイトレベル10分野が「CCNA」という1分野に統合されました。

CCNA試験の変更内容

CCNPは、以下の8分野が5分野に統合されました。「DataCenter」「Security」「Collaboration」「ServiceProvider」に関しては名称はそのままで、「Routing&Switching」「Wireless」「Cloud」「CCDP」は「Enterprise Infrastructure」へと統合されました。

CCNP試験の変更内容

CCIEは、旧試験の「Routing&Switching」と「Wireless」の名称が「Enterprise Infrastructure」と「Enterprise Wireless」へと変更されました。その他の分野は変更されていません。

CCIE試験の変更内容

新設分野DevNetとは

DevNet認定試験とは、ソフトウェア開発者、DevOpsのエンジニア、オートメーションスペシャリスト、およびその他のソフトウェア専門家のための資格です。2020年2月24日以降の新試験から新設されました。

Pythonプログラミングを使った自動化技術に関する知識が問われます。

以下の資格が新設された資格です。

 ・Cisco Certified DevNet Associate
 ・Cisco Certified DevNet Professional

関連記事:【CCNA】Cisco技術者認定試験が変わります!【2020年変更点】

未経験からのエンジニア転職は資格の取得で成功に近づける

「未経験からエンジニアに転職したいけど、何を勉強すればいいかわからない」という悩みを持っている人は、まずは資格取得をめざしてみてください。資格を持っていれば未経験でも「知識がある」という証明になります。

ネットビジョンアカデミー」なら、資格取得率99%・最短一か月で資格の取得が可能です

知識0からでも、資格をとって優良企業へのエンジニア転職が可能です。受講料が完全無料で受けられるので、まずはネットビジョンアカデミーについて詳しくチェックしてみてください。

CTAボタン

Cisco技術者認定資格試験の受験方法や申込方法

Cisco認定者資格試験の申し込みはインターネットで行えます。試験日と試験会場を選択し、受験料を既定の方法で支払いましょう。

受験料と受験条件

各資格の受験料は以下の通りです。以前の試験であった受験条件は新試験より廃止されています。

資格名 試験番号 受験料(税抜) 受験料(税込)
CCT 100-890 CLTECH
010-151 DCTECH
100-490 RSTECH
¥14,000 ¥15,400
CCNA 200-301 CCNA ¥33,600 ¥36,960
DevNet Associate 200-901 DEVASC ¥33,600 ¥36,960
CCNP コア試験 ¥44,800 ¥49,280
コンセントレーション試験 ¥33,600 ¥36,960
DevNet Professional コア試験 ¥44,800 ¥49,280
コンセントレーション試験 ¥33,600 ¥36,960
CCIE クオリファイ試験 ¥44,800 ¥49,280
ラボ試験 $1,600
(約¥171,700)
(約¥188,870)

試験日と申し込み方法

試験を受けるためには「PearsonVueのサイトから申し込む」「PearsonVueのコールセンターで申し込む」「直接テストセンターに電話で申し込む」の3つの方法で申し込めます。

また、並行してCiscoテストトラッキングシステムのアカウントの作成も行っておく事をオススメします。アカウントを作成しておくことで、合格証書の送り先の管理や、テストの履歴の管理などを行えます。

試験日 随時 ※基本的に月曜~土曜で毎日実施
申し込み方法 【申し込みの流れ】
①ピアソンVUE社のサイトからアカウント登録する

②受験申し込みページから最寄りのテストセンターを選択し、日時指定する
【試験会場(テストセンター)一覧】
※コールセンター(0120-355-583、もしくは0120-355-173)に電話予約でも可能
※テストセンターで直接申し込みも可能
※オンライン受験も可能
ピアソンVUE社のホームページ内専用フォームから、オンライン試験一覧で対象試験と日にちを選択
※予約した後48時間以内に試験を受けること

Cisco技術者認定資格の有効期限と更新方法

Cisco技術者認定資格は3年で資格を失効します。有効期限が切れる前の3年以内に同じレベルの資格を取得するか、上位レベルの試験に合格すれば認定期間を更新できます。一度取ったら終わりではなく、更新のたびに常に知識をブラッシュアップするので、市場に合った即戦力になる技術があるという証明になります。

Cisco技術者認定資格の有効期限と更新

せっかく合格しても有効期限が過ぎてしまえば資格失効になってしまうので、有効期限は必ず確認しておきましょう。

有効期限の確認方法

Cisco技術者認定資の有効期限は、認定トラッキングシステムで確認できます。認定トラッキングシステムでは以下のことが確認できます。

 ・個人情報(連絡先、認定証の送付先、メールアドレスなど)
 ・テスト履歴(受けた試験科目・受験日・結果)
 ・認定の進捗状況(取得済みもしくは、取得過程の確認)
 ・再認定ステータス状況
 ・認定証の発送履歴(発送日、宛先不明等の戻り等の確認)

参考:シスコ技術者認定 トラッキングシステムユーザガイド

Cisco技術者認定資格の取得メリット

資格には取得しただけで終わってしまうようなものもありますが、Cisco技術者認定資格は、スキルの証明だけでなくキャリアや収入にも大きく影響します。Cisco資格が世界的に認められていることが背景にあるからです。

Cisco技術者認定資格の取得メリットは次の通りです。

Cisco技術者認定資格の取得メリット

資格を取得する前にメリットを知っておくと、将来のキャリアパスを描くことができるでしょう。

①ネットワーク技術の証明になる

Cisco製品に関する知識やスキルをもっている証明になります。知識がCisco製品だけに偏ってしまいますが、世界各国で圧倒的な支持とシェアを誇るので、どの国でもネットワークに関する一定のスキルがあることを証明できます。また、製品についての操作技術も問われる資格なので、知識だけでなく実践スキルがあることも証明できます。

②就職や転職に有利になる

Cisco技術者認定資格を取得していれば、業務に直結する知識とスキルがあることを証明できるため、何も資格をもっていない方よりも有利になる可能性は高いです。

また、資格取得自体が評価されることもあります。Cisco資格は他のIT系資格に比べて取得するには難しい内容になっています。それだけに、資格があることで能力の高さだけでなくものごとに対して努力をする姿勢も認めてもらえるでしょう。

③年収アップにつながる

資格を取得することで、さまざまな手当や給与に影響する企業もあります。取得するレベルにもよりますが、難易度が高いほど専門的な知識とスキルがあると評価されるため、年収に反映されやすい傾向にあります。

2013年にシスコシステムズが給与調査したデータがでは以下の通りでした。

資格 平均経験年数 平均年収
CCIE 4年以上 645万~900万円
CCNP 3年以上 496万~701万円
CCNA 2年以上 404万~578万円

参考:日本のCCNA/CCNP/CCIE保持者の給与リサーチ

必要経験年数がないと高収入に結びつきにくいですが、資格があるからこそ実績を重ねれば年収は確実にアップできるということがわかります。

「CCNA」は10分野が1つにまとめられ人気が高い!

改正前の資格では10分野で区分けされていたのが、1つに統合されることで出題範囲が広くなりました。そのため、取得難易度は必然的に上がりますが、一度に10分野をまとめて取得できるというメリットがあります。

取得できれば、10分野すべてに精通する能力とスキルがあることを証明できます。

CCNAで求められる知識・技術

CCNA(Cisco Certified Network Associate)は、TCP/IPなどの基礎的なネットワーク知識やCiscoシステムズ社のネットワーク機器の操作に関する求められる資格です。

試験の出題範囲が広く出題されるので、苦手分野や知識不足のないように勉強することが大切です。

CCNAの出題範囲

関連記事:CCNAとは|試験の難易度から合格するための勉強方法まで紹介

     CCNAの合格点は? 試験改定後の傾向や勉強方法を解説

CCNAの受験料や受験方法

CCNAなどのすべてのシスコ技術者認定試験は、ピアソンVUEという会社より受験します。 まず、ピアソンVUE社にユーザ登録し、WEBより試験予約をします。 試験予約は、まず資格番号を選び、会場や日時を選択します。 支払い方法はクレジットカードが中心で、他にも団体向けで、「バウチャー」と呼ばれる受験用チケットでも支払い可能です。

CCNAはベンダー資格なので、国家資格と違い受験料は高額傾向にあります。 2020年2月からの受験料は33600円(税別)です。

申し込み受付期間 随時
受験料 200-301 CCNA 33,600円 (税別)
試験日 随時(祝日を除く、月~土曜日)
試験会場 全国のピアソンVUE公認試験会場
【試験会場(テストセンター)一覧】

※オンライン受験も可能 参考:オンライン試験
合格発表 合格発表:試験終了の直後に画面上に表示
合格証書:該当する試験に合格した後に郵送

CCNAの難易度や学習期間

CCNAは、基本的なネットワーク知識があれば取得は難しくありませんが、初学者であれば、基礎知識の習得が必要です。ネットワーク関連の基礎知識は簡単に身につかない難しさがあるため、毎日数時間は勉強するという覚悟をもたないと取得までに時間がかかってしまうでしょう。

関連記事:CCNAの難易度を他のIT資格と比較しながら解説|勉強方法も紹介

CCNA取得に必要な勉強時間は160時間程度が目安になります。毎日2時間勉強すると約3か月程度で達成できます。あくまで目安で個人によって勉強量は変わるので、目安の時間にとらわれずに勉強できる時間を捻出することを意識しましょう。

CCNAはこんな人におすすめ!

CCNAを取得すると、ネットワークの基礎を効率よく勉強することができます。ネットワーク系の資格取得を考えている方で、特に未経験者や経験が浅い方におすすめの資格です。CCNA取得後は、エンジニア業務を通して知識やスキルを身につけてスキルアップしていけます。

CCNAには上位資格もあるため、段階を追って取得することができます。最上位資格であるCCIEの取得者は少ないので、取得できればキャリアアップは確実です。ネットワーク技術者ならば目指す価値は大きいといえます。

Cisco技術者認定試験の勉強法3選

Cisco技術者認定試験の勉強には次の3つの方法があります。

Cisco技術者認定試験の勉強法

勉強方法は個人によって変わってくるかと思います。勉強方法を選ぶポイントは、どんな環境で最も効率的な勉強ができるのかという視点で考えることです。

関連記事:CCNAに合格できる勉強法とは|おすすめの参考書・サイトも紹介

①参考書や問題集で勉強する

参考書や問題集を使うメリットは、自分で学習カリキュラムを決めることができる点です。すでに理解してる内容であれば、ざっと目を通すだけで済ませ、不安に感じる分野や頻出問題に時間を割くことができます。自分にあった学習計画がたてやすい点は参考書学習ならではのメリットといえるでしょう。

ネットワーク関連の知識は、単語の意味一つ一つが難解です。特にこれから知識を身につけたい方は、単語の意味を理解することがその後の学習の土台になります。初学者向けにわかりやく解説した参考書も市販されているので、一冊持っておくことをおすすめします。

関連記事:ネットワークエンジニア必見!初心者から経験者までのおすすめの本

②学習サイトで勉強する

勉強サイトはネット環境さえあれば、どこでも取り組むことができます。スマホやタブレットなどのモバイル端末に対応したサイトであれば、移動先でスキマ時間ができた時でも活用できます。時間を有効に使うことができるので、勉強する習慣が自然に身に付きます。

学習サイトによってはドリルや小テストがついていたり、進捗状況を把握できる学習管理システムがついていたりします。勉強の習熟度や理解度を確認でき、理解が不十分な項目は何度も繰り返し学習できます。

それでも理解できない場合は、講師に質問できるサービスや学習者同士で交流できる掲示板がある学習サイトもあるので、活用すれば理解度が高まります。

③スクールに通って勉強する

スクールで勉強するメリットは、教材を揃えてもらえる点や勉強の悩みや就職について相談できる講師がいる点です。

スクールには専門家監修のカリキュラムがあるので効率的に勉強ができます。その分スキルの身に付き方が独学よりも早いです。また、分からないことはその場で直接講師に質問できます。基本的に専任の講師やメンターがいるので、個人にあわせてわかりやすく教えてくれるでしょう。

また、勉強の内容だけでなく就職サポートをしてくれるスクールもあるので、資格取得後のキャリアパスについても相談できるので高いモチベーションをもって勉強に打ち込むことができます。

未経験者・転職者の選ぶITスクールNo.1! ネットビジョンアカデミー

試験の違いを理解して自分にあったレベルの資格を取得しよう

Cisco技術者認定試験はネットワーク技術のレベルごとに認定資格が用意されています。それぞれ内容や難易度が異なるので試験の違いをしっかり把握しておくことが重要です。

上位レベルになるにつれて難易度も勉強量もアップします。未経験者が最初から上位レベルを受験しても合格は難しいでしょう。

しかし、基礎レベルから着実に勉強と実務経験を増やしていければ取得可能な資格です。ネットワーク関連業務は今後ますます需要が高まってくる職種なため、自分に合ったレベルから取得してみてはいかがでしょうか。

未経験からのエンジニア転職は資格の取得で成功に近づける

資格取得支援バナー

「未経験からエンジニアに転職したいけど、何を勉強すればいいかわからない」という悩みを持っている人は、まずは資格取得をめざしてみてください。資格を持っていれば未経験でも「知識がある」という証明になります。

ネットビジョンアカデミー」なら、資格取得率99%・最短1か月で資格の取得が可能です

ITスクールに通えば、わからないことはすぐに聞けるので知識0からでも、大丈夫。資格をとって優良企業へのエンジニア転職が可能です。完全無料で転職サポートまで受けられるので、まずはネットビジョンアカデミーについて詳しくチェックしてみてください。


就職支援CTAボタン

記事の監修責任者

飯塚 寛也
エンジニアとして移行調整・NW更改作業・クラウドシステムの設計・構築等を手掛ける。 入社2年目でネットワーク最高資格であるCCIEの筆記試験に合格。 人材開発室にてCCNA/CCNPの勉強会を50回以上開催、100名以上の合格者を輩出し、スクール事業の礎となる。
株式会社アプエンテ 職業紹介責任者(010-190717133-004)
情報処理技術者試験 ネットワークスペシャリスト試験(第NW-2021-04-00112号)
Cisco認定試験 CCNP Enterprise 認定/CCNA
監修責任者からのメッセージを読む

無料カウンセリング、
参加受付中!

IT業界やネットワークエンジニアのこと、
当校や入校に関する疑問、ご相談などお気軽におたずねください。

TOP
まずは無料カウンセリングへ!