IT資格

CCNPとは|年収・難易度から勉強方法までを実例付きで解説

「CCNPってどれくらい難しいの」「ステップアップのためにCCNPを取りたい」など、ネットワークエンジニアを目指してる方やキャリアアップを考えている人で、CCNPを取得しようか考えているは多いでしょう。 CCNPはネットワークエンジニアの上位の資格でなので合格するのが難しいため、取得するとキャリアアップや年収アップに役立ちます。この記事では、CCNPを取得するためにすべきことやCCNP受験方法について解説していきます。

CCNPとは:CCNAの上位資格

CCNP(シーシーエヌピー)はCiscoシステムズ社が認定するネットワークのスキルを証明する資格の一つで、Cisco Certified Network Professional(シスコ技術者認定プロフェッショナル)の略です。同社の他の認定資格としては、Cisco Certified Network Associate(CCNA=シスコ技術者認定アソシエイト)があります。
CCNPはCCNAの上位資格にあたり、大規模ネットワークの実装からトラブルシュートまでのスキルを有する事が証明される資格です。

シスコ認定の上位技術者資格

Ciscoシステムズ社が認定する資格は5つのグレードランクがあります。グレードランクは上から順番にアークテクト(CCAr)、エキスパート(CCIE)、プロフェッショナル(CCNP)、アソシエイト(CCNA)、エントリー(CCT)の順になり、CCNPはプロフェッショナルの位置付けになります。
シスコ認定資格
CCNPの上位資格であるエキスパートの認定については筆記試験と実機操作による実技試験の2つに合格することが条件になります。エキスパートの上のアーキテクトについては特殊で、実装スキルよりもその前段階の設計スキルに重点がおかれており試験にはアーキテクトメンバーとの面会も含まれます。

関連記事:CCNAとは|試験の難易度から合格するための勉強方法まで紹介

任されるレベルやキャリアップの可能性は?

ネットワーク業務は設計・構築から運用・保守まで様々ですが、CCNPは「LANおよびWANの計画、実装、検証およびトラブルシューティングの能力」を有する資格と定義されています。任されるレベルについては実質ネットワークの業務全般になります。
 
また、未経験からネットワークの業務をスタートする場合は運用や保守からスタートするケースがほとんどですが、CCNPを取得することで場合によっては設計や構築からスタートできる場合もあります。
 
とくにCisco製品を使ってネットワーク構築を行う案件の場合は、資格を持っていることで知識があると証明できるので、運用や保守の経験がなくても設計や構築からスタートできるというケースもあります。

転職は有利になる?年収アップは?

ネットワークのエンジニアを目指す方にとって、資格を持っていることは明らかに転職に有利です。とくに未経験者の場合は、一定の知識を習得したという点をアピールする事ができます。また、Cisco認定資格という事でCisco製品を使った設計や運用をしている会社にとっては即戦力として採用される可能性があります。
 
年収アップについては経験者か未経験者で大きく分かれるところになります。経験者であれば今までの経歴にプラスして一定の知識習得のために勉強をしたということで、年収がアップするケースがありますが、未経験者の場合は前職の実績が評価されないケースもありアップするかは難しいところです。

しかし、総務省統計局の「日本の統計2020」でみても、情報通信業は平均月給が他の業種より若干高く、会社によっては資格手当を毎月の給与に反映する会社もあるため、未経験者でも異業種からの転職であれば年収アップの可能性が高いと思われます。

産業別常用労働者1人平均月間現金給与額2020

参考:総務省統計局「日本の統計202019-14 産業別常用労働者1人平均月間現金給与額

未経験からのエンジニア転職は資格の取得で成功に近づける

「未経験からエンジニアに転職したいけど、何を勉強すればいいかわからない」という悩みを持っている人は、まずは資格取得をめざしてみてください。資格を持っていれば未経験でも「知識がある」という証明になります。


ネットビジョンアカデミー」なら、資格取得率99%・最短一か月で資格の取得が可能です


知識0からでも、資格をとって優良企業へのエンジニア転職が可能です。受講料が完全無料で受けられるので、まずはネットビジョンアカデミーについて詳しくチェックしてみてください。


就職支援CTAボタン

CCNPの試験内容を知っておこう

CCNPの試験は主に、Layer2スイッチング技術、Layer3ルーティング技術に加えて、セキュリティやトラブルシュート、アドレス実装技術がメインです。
 
2020年2月24日に改訂された「CCNP Enterprise」からは、アプリケーションの通信に関する問題や、pythonプログラミングに関する問題も出題されるようになっています。

CCNPは未経験でも取得可能

すでにCCNAを取得されている方は、一つ上のステージを目指すという意味でCCNPにチャレンジするのは大きなスキルアップになることは間違いありません。今まではCCNPの受験資格の前提条件にCCNAの合格が必要でしたが、新試験の改訂により、CCNAの試験に合格しなくても最初からCCNPを受験する事が可能になりました。
 
しかし、実務経験がない方やネットワークの知識がない方は基本的なところから身につけるためにCCNAを勉強してCCNPの試験に臨む方がよいでしょう。CCNPはCCNAの上位資格のため下位資格の知識やスキルは前提となります。

必要なスキルを把握しよう! CCNPの試験コース

CCNPに合格するためにはコア試験と呼ばれる必須の試験「350-401 ENCOR」の合格と、コンセントレーション試験という選択試験の「300-410 ENARSI」「300-415 ENSDWI」「300-420 ENSLD」「300-425 ENWLSD」「300-430 ENWLSI」「300-435 ENAUTO」のうちの1つの試験の合格の合計2科目に合格しないといけません。
CCNPの試験コース
コンセントレーション試験は、Layer2技術、Layer3技術、セキュリティ、Qosなどそれぞれの分野別の試験です。
 
コア試験は総合的な問題で出題される内容も広くネットワーク全般の内容が出題されます。特に近年のITインフラのソフトウェア化によりpythonプログラミングも出題されます。

Cisco認定試験4つの出題方式

Cisco認定試験はCBT試験という形式で、テストセンターのパソコンで行う選択式の試験になります。出題形式は「複数の選択肢から1つだけ選ぶ問題」「複数の選択肢から複数選ぶ問題」「複数の選択肢をドラッグアンドドロップする問題」「コマンドを入力する問題」の大きく4つあります。
 
選択式問題は文章を読んで選択するだけですが、「複数の選択肢をドラッグアンドドロップする問題」は1つでも間違えるとその問題を全部落とす事になります。
 
また、「コマンドを入力する問題」は設定内容とネットワークの構成を理解する必要があり他の問題と比べて解答に大きく時間がかかります。問題はランダムに出題されるため時間配分についても要注意です。

未経験からのエンジニア転職は資格の取得で成功に近づける

「未経験からエンジニアに転職したいけど、何を勉強すればいいかわからない」という悩みを持っている人は、まずは資格取得をめざしてみてください。資格を持っていれば未経験でも「知識がある」という証明になります。


ネットビジョンアカデミー」なら、資格取得率99%・最短一か月で資格の取得が可能です


知識0からでも、資格をとって優良企業へのエンジニア転職が可能です。受講料が完全無料で受けられるので、まずはネットビジョンアカデミーについて詳しくチェックしてみてください。


就職支援CTAボタン

受験方法や申込み方法を解説

試験を受けるためには「PearsonVueのサイトから申し込む」「PearsonVueのコールセンターで申し込む」「直接テストセンターに電話で申し込む」の3つの方法で申し込めます。

また、並行してCiscoテストトラッキングシステムのアカウントの作成も行っておく事をオススメします。アカウントを作成しておくことで、合格証書の送り先の管理や、テストの履歴の管理などを行えます。

CCNPのコース別の受験料

CCNPの受験料の総額は一発合格をした場合はコア試験で税抜44,800円、コンセントレーション試験で税抜33,600円となり、税込み総額約86,000円と高額です。

試験 金額(税抜) 金額(税込)
コア試験 ¥44,800 ¥49,280
コンセントレーション試験 ¥33,600 ¥36,960
総額 (コア+コンセントレーション) ¥78,400 ¥86,240

旧CCNP試験が3科目で総額で約10万円だった事を考えると若干安くはなっていますが、それでも国家資格と比べると高い受験料です。仮に不合格になった場合は確実に10万以上支払う事になりますので、一発合格を目指して勉強の計画や健康管理に注意を払いましょう。

CCNPの有効期限と更新

CCNPの有効期限は合格してから3年です。再認定を受ける場合は、合格してから3年以内にコア試験に合格するか、またはコンセントレーション試験のうち2つの科目に合格する必要があります。
 
不合格になった場合は再受験のために5日の待機期間がありその間は再受験できません。合格になった場合にも次に同じ試験を受ける場合は180日の待機期間があります。
CCNPの有効期限と更新
もう一つの手段として3年以内に1つ上のCCIEの実技試験に合格するという方法もあります。もちろん、CCNPを更新して維持する事にも価値はありますが、上位のCCIE試験に合格した場合の自分自身の市場価値が大きく上がる事は間違いありません。さらなるスキルアップを目指される方はCCIE試験の合格を目指す方が良いでしょう。

CCNPの申し込み方法

試験を受けるためには「PearsonVueのサイトから申し込む」「PearsonVueのコールセンターで申し込む」「直接テストセンターに電話で申し込む」の3つの方法で申し込めます。ここでは「PearsonVueのサイトから申し込む」方法について解説します。
 
まず、トップページから登録・試験の予約というプルダウンから受験者ホームを選択します。そして、試験プログラムの検索をクリックしてシスコ技術者認定試験を選択すると、シスコ技術者認定の専用ページが表示されます。
 
そして、右にある項目の試験一覧をクリックして、表示された検索窓に該当の試験番号を検索して受験したい試験をクリックします。
 
例えば「350-401 ENCOR」を検索する場合は検索窓に350-401と入力して検索します。該当の試験をクリックすると日本語と英語の選択のラジオボタンが表示されるのでお好みの言語を選択します。
 
そのまま次へをクリックするとサインインの画面になりますので初めて受験される場合こちらでアカウントの作成をする必要があります。アカウントが作成されてログインが完了すると支払い画面に進んで完了になります。

CCNPの難易度:ネットワーク上級試験

まったくの知識ゼロでCisco機器を触った事がない未経験者にとっては合格は難しい資格といえます。問題内容は一般のネットワーク技術に加えて、Cisco製品独自の技術についても出題されます。
 
CCNAの知識前提でレベルアップした内容になります。同じくネットワーク関連の国家資格としてネットワークスペシャリストという資格がありますが、知識の必要量としてはネットワークスペシャリストほどの知識は必要ではありませんが、CCNA以上のネットワークの知識に加えてCisco製品の技術についての知識が問われます。

関連記事:CCNPの難易度は? 取得のメリットや勉強方法を解説!

ITスキルはレベル3

IT関連の資格についてランクづけを行っている団体にスキル標準ユーザー協会というものがあります。こちらの団体で定めるITSSのキャリアフレームワークでは、CCNPは4段階中レベル3の位置づけになります。
ITSS認定試験・資格マップ
同列の国家資格としては応用情報技術者試験があり、実務レベルのスキルの証明という事が伺えます。また、同じランクにネットワークに特化した資格はCCNP以外にない事から、ネットワーク技術者としてのスキルレベル3の証明としての資格はCCNPのみとなります。
 
応用情報技術者試験と同じ国家資格のネットワークスペシャリストや、CCNPの上記資格であるCCIEはレベル4の位置づけになります。

CCNPの合格点

合格点に関してはCiscoシステムズ社から公式の発表はありませんが、1000点満点中800点前後といわれています。ping-tなどのネット上の合格者の体験談を総称すると800点以上で合格になるとのことです。確実な合格を目指す場合は850点はほしいところでしょう。
 
また、850点と聞くと8割5分の正解率が必要に思われますが、CCNPのテストでは最初にアンケートへの回答があり、こちらを行うことで無条件で300点が加算される仕組みなっています。つまりテストでは実質550点分の正解、正解率7割8分で確実に合格と言えるでしょう。
CCNPの合格点
ただ、問題全体の得点の配当についても公開されていないため、試験ではまず全問解答を目指すのがいいでしょう。

CCNPの合格率は10~20%

CCNPの合格率はCiscoシステムズ社から公式の発表はありません。
 
ITSSのキャリアフレームワークから考察してみますと、CCNPと同じレベル3にある応用技術者試験が毎年の合格率が20%を少し越えるくらいで、その上にあるレベル4のネットワークスペシャリストが毎年15%前後と公開されています。
 
おそらくCCNPについても合格率という観点からは10~20%くらいと考えて良いでしょう。

CCNPは半年以上の勉強が必要

必要な勉強時間については個々の環境や経験の有無で異なりますが、ping-tの2020年度の合格体験記のCCNPのroute試験に合格した方の勉強時間を平均すると勉強時間が2.75ヶ月になります。

旧CCNP試験が3科目あるためこれに3倍して合格までの勉強時間は8ヶ月ちょっとなので、半年から10ヶ月程度が目安と考えて良いでしょう。

新試験は2科目に減っていますが、単純に出題範囲が増えているため2科目になっても3科目の勉強時間より減ることはなく、同じかむしろそれ以上に勉強時間が必要になると思われます。

上位資格を狙うなら英語での受験も視野に入れよう

CCNPの上位資格であるCCIEの認定には筆記試験と実技試験の両方の合格が必要になります。旧CCIEの試験は筆記試験と実技試験ともに英語でしたが、改訂後のCCIE筆記試験はCCNPのコア試験と同じく「350-401 ENCOR」で日本語での受験が可能です。
 
知識レベルだけで言えば改訂後はCCNPとCCIEの差がほとんどなくなっているとい言えます。「350-401 ENCOR」に合格することでCCIEラボ試験を受験できるようになりますが、ラボ試験は英語の試験でかつ、実機にコマンドを大量に投入する必要もあり難易度は極めて高いです。
CCIEの試験コース
習得した知識を試験で正確に使うためにも、まずは、英語で書かれた問題内容を正確に理解して解答する必要があります。そういう意味ではCCIE試験には普段から英語の技術書や文献を調べて知識を習得できる能力も必要になるといえます。

CCNPの4つの勉強方法とは

CCNPの勉強法には「集合研修に参加する」「ラーニングネットワークジャパンを活用する」「参考書で対策する」「問題集で量をこなす」の4つがあります。個々の環境に合わせた勉強方法を見つけるのが合格への近道になります。
 
勉強のために確保できる時間はどれくらいか、自分の現在の知識やスキルはどんな状況か、勉強するための環境はどうするかなど様々で、準備するための課題はたくさんあるでしょう。ここではいくつか例をあげて個人の環境に合わせた勉強方法をご紹介します。

①集合研修に参加する

企業レベルで実施している研修です。会社が「シスコ認定ラーニングパートナー」である企業に委託してどこかの会場で実施する形式になります。インストラクターからリアルタイムで講義形式で教えてもらえます。
 
場所によってはCisco公認のインストラクターもおり、試験範囲についてピンポイントで解説してもらえる場合もあります。勉強のためにかかる費用も高額で数十万になる場合もありますが、短期間でありながらも合格率も非常に高く、未経験者にとっても質問しやすい環境です。
 
こちらに参加される方は会社から研修費用が出ている正社員の方が多いと思われます。もし会社でこちらが使えるようであれば積極的に活用してみるのもいいでしょう。

②ラーニングネットワークジャパンを活用する

こちらはCiscoシステムズ社が主催するトレーニングプログラムで個人でも参加できます。実際は「シスコ認定ラーニングパートナー」である会社が委託を受けているため、上記の集合研修の個人版と考えて良いでしょう。
 
参加するためには、無料登録アカウントのcisco idが必要になります。上記同様、費用も高額になりますが短期間でありながらも合格率も非常に高いです。
 
上記と違うのは、個人の申し込みのため、自分の空いた時間やタイミングで受ける事ができる点です。自身のスケジュールと調整してうまく活用すると良いでしょう。もちろん、未経験者の場合でも短期間で集中して勉強することで合格している方も多数いるみたいです。

③参考書で対策する

自分のペースで1つ1つ確実に知識を定着したい方や、勉強時間がたくさん取れる方、未経験者の方向きの勉強方法です。集合研修やCiscoシステムズ社が主催するトレーニングプログラムは、短期で合格する事を目的にしているため知識の定着より合格重視です。
 
こちらは自分自身の空いた時間で計画的に勉強ができて、費用は参考書代と少しのプラスアルファのみです。CCNP試験ではコマンドを入力する問題も出題される可能性がありますので、出来ればヤフオクや中古などでルータやスイッチなどの実機も準備したいところです。
 
また、近年のITインフラ自動化に伴ってソフトウェア周辺の問題も出題されますので、Ciscoシステムズ社から提供されているCisco DevNetへの登録をしてソフトウェア周辺の勉強もセットでやっておくと良いでしょう。

書籍名 出版社 金額 ページ数 amazon評価 発売日
CCNP and CCIE Enterprise Core ENCOR 350-401 Official Cert Guide Cisco Press 6,842円 1024ページ ☆4.6 2019/12/24
CCNP Enterprise Advanced Routing ENARSI 300-410 Official Cert Guide Cisco Press 7,890円 1040ページ ☆4.8 2020/3/19

④問題集で量をこなす

こちらは完全に経験者向きのやり方です。Cisco製品を実務で触っている経験者で、ネットワークの知識も十分ある方向けの勉強方法です。書店などで出回っている過去問題集などで繰り返し解いて問題の傾向と解答を把握する方向で準備を進めていきます。
 
実機操作に慣れて、ネットワークの知識も十分にある方であれば、問題と解答だけで理解できるため、ある程度の時間さえ確保できれば短期集中型で合格も可能でしょう。
 
逆に未経験者の場合はこちらの方法を実行しても、理解しない状態でただの丸暗記になり、合格のためのベースとなる知識が身につかない可能性があります。

更新に注意が必要!CCNP新試験改定

2020年2月24日にCCNP試験は改訂されており、「CCNP Routing and Switching」という名称から「CCNP ENTERPRISE」に名称が変更されています。
 
合格のためにはコア試験と呼ばれる必須の試験「350-401 ENCOR」の合格と、コンセントレーション試験という選択試験の「300-410 ENARSI」「300-415 ENSDWI」「300-420 ENSLD」「300-425 ENWLSD」「300-430 ENWLSI」「300-435 ENAUTO」のうちの1つの試験の合格の合計2科目に合格しないといけません。

CCNP ENTERPRISE

改訂後の「CCNP ENTERPRISE」の試験では「CCNP Roouting and Switching」より出題範囲が広くなっています。コア試験である「350-401 ENCOR」はCCIEの実技試験の受験条件でもあり、改訂後のCCNPに必要とされる知識のレベルはCCIEとほぼ同等のレベルであると思って間違いありません。
 
試験内容の主な特徴ですが、従来のL2やL3のスイッチングや各種ルーティングプロトコルの内容に加えて、SDNやREST APIに関連したアプリケーションの通信に関する問題も範囲になっています。
 
また従来、ネットワーク技術者とはほぼ無縁と思われたプログラミングについても、近年のインフラ自動化に伴ってpythonコードに関する問題が出題されます。

旧CCNPの認定について

すでにCCNP改訂前の「CCNP Routing and Switching」で合格されている方で再認定を受ける方は、合格してから3年以内にコア試験である「350-401 ENCOR」に合格するかコンセントレーション試験のうち2つに合格するかのどちらかになります。
 
また、「CCNP Routing and Switch」を受験途中で、「Route」と「Switch」に合格されている方は改訂後ではコア試験である「350-401 ENCOR」に合格したとみなされ、コンセントレーション試験のうち1つに合格する事で認定を受けれます。「Route」か「Switch」どちらか片方のみに合格されている場合は「350-401 ENCOR」に合格したとみなされません。
 
「Tshoot」のみ合格している方はコンセントレーション試験に1つ合格しているとみなされ、「350-401 ENCOR」に合格する事でCCNPの認定を受ける事が出来ます。
旧CCNPから新CCNPの認定
 

CCNPの出題範囲や学習時間を把握して試験対策しよう

CCNPはネットワーク技術者にとっては価値のある資格の一つです。試験の内容もITインフラの技術の進歩とともにその時代の技術を反映されながら改訂されています。
 
ネットワーク技術者でなくても、時代の変化とともに常に新しい技術に対応するエンジニアになるためにも勉強するだけも非常に価値のある資格といえます。ITに従事される方にとってのスキルアップの1つの手段として、ぜひCCNPに挑戦してみてはいかがでしょうか。

未経験からのエンジニア転職は資格の取得で成功に近づける

資格取得支援バナー

「未経験からエンジニアに転職したいけど、何を勉強すればいいかわからない」という悩みを持っている人は、まずは資格取得をめざしてみてください。資格を持っていれば未経験でも「知識がある」という証明になります。


ネットビジョンアカデミー」なら、資格取得率99%・最短1か月で資格の取得が可能です


ITスクールに通えば、わからないことはすぐに聞けるので知識0からでも、大丈夫。資格をとって優良企業へのエンジニア転職が可能です。完全無料で転職サポートまで受けられるので、まずはネットビジョンアカデミーについて詳しくチェックしてみてください。


就職支援CTAボタン

記事の監修責任者

飯塚 寛也
エンジニアとして移行調整・NW更改作業・クラウドシステムの設計・構築等を手掛ける。 入社2年目でネットワーク最高資格であるCCIEの筆記試験に合格。 人材開発室にてCCNA/CCNPの勉強会を50回以上開催、100名以上の合格者を輩出し、スクール事業の礎となる。
▶監修責任者からのメッセージを読む

無料カウンセリング、参加受付中!

IT業界やネットワークエンジニアのこと、
当校や入校に関する疑問、ご相談などお気軽におたずねください。