単元解説

3分でわかる!VR・AR・MRの違いとは?

3分でわかる!VR・AR・MRの違いとは?

ゲームをやられている方で、バーチャルの世界に入りたいと思ったことはある方は多いのではないでしょうか?そんなバーチャルの世界が身近に近づいております。

今回はそのバーチャルに関するテーマ『VR』『AR』『MR』のお話をします。

VRとは

VR(Virtual Reality)、仮想現実のことです。人間がVRの世界に行くことを主眼に作られた技術です。VRの世界に入るには、ヘッドマウントディスプレイが必要です。

SonyのPlayStation VRやHTCのOculusも発売されていますが、中にはスマホをヘッドマウントディスプレイにできるものもあります。また、都内を中心にVRを体験できる施設もあります。

あなたにはどのエンジニアが向いてる?
今すぐエンジニア診断してみよう

「エンジニアになってIT業界で働きたい」
「エンジニアに興味はあるけど、種類が多すぎて自分に向いてる職種がわからない」
そんな悩みを解決するのが、「エンジニア診断ツール」です。

・診断できるのは8種類のエンジニア。
・たった30秒で完了

「エンジニア診断」はたった12の質問に答えるだけで、あなたに向いているエンジニアを診断。
診断結果には仕事内容の概要も掲載しているので、自分に合ったエンジニアについて詳しく知って、エンジニア就職に一歩近づきましょう。

エンジニア診断CTAボタン

ARとは

VRに似た言葉でARというものがあります。AR(Augmented Reality)、拡張現実のことです。最近のものですと、ポケモンGoがそれにあたります。

ARはVRの仮想世界へ行くというコンセプトとは違い、CGを投影し、現実世界に仮想現実を呼び出すというコンセプトの技術なので、VRとARの違いは、このコンセプトにあるのです。

あなたにはどのエンジニアが向いてる?
今すぐエンジニア診断してみよう

「エンジニアになってIT業界で働きたい」
「エンジニアに興味はあるけど、種類が多すぎて自分に向いてる職種がわからない」
そんな悩みを解決するのが、「エンジニア診断ツール」です。

・診断できるのは8種類のエンジニア。
・たった30秒で完了

「エンジニア診断」はたった12の質問に答えるだけで、あなたに向いているエンジニアを診断。
診断結果には仕事内容の概要も掲載しているので、自分に合ったエンジニアについて詳しく知って、エンジニア就職に一歩近づきましょう。

エンジニア診断CTAボタン

MRとは

VRとARをあわせたMRというものもあります。MR(Mixed Reality)、複合現実と言われています。

まとめ

VRに対応したネットワーク構成を作れる人材は、まだ需要がないのであまりいません。

しかし、今後はVRに対応したネットワーク構成を作れる人材が必要な時代がやってきます。

こういった技術が発展して通信技術が不可欠になるにつれて、通信技術を支えるネットワークエンジニアが不足していきます。

時代を先取りして、VRに対応したネットワークエンジニアスキルを身に付けておけば、近い将来、ネットワーク業界で必ず重宝される時代がやってきます。

その時のためにも、ぜひスキルを磨いておきましょう。

こういった、情報も当ブログや『ねっとびTV』というYoutubeチャンネルで発信していますので、IT業界に興味がある方は、ぜひ一度見てみてください。

転職に迷ったらやってみよう!【エンジニア診断】

記事の監修責任者

飯塚 寛也

エンジニアとして移行調整・NW更改作業・クラウドシステムの設計・構築等を手掛ける。 入社2年目でネットワーク最高資格であるCCIEの筆記試験に合格。 人材開発室にてCCNA/CCNPの勉強会を50回以上開催、100名以上の合格者を輩出し、スクール事業の礎となる。
監修責任者からのメッセージを読む
株式会社アプエンテ 職業紹介責任者(010-190717133-004) 情報処理技術者試験 ネットワークスペシャリスト試験(第NW-2021-04-00112号) Cisco認定試験 CCNP Enterprise 認定/CCNA

無料カウンセリング、
参加受付中!

IT業界やネットワークエンジニアのこと、
当校や入校に関する疑問、ご相談などお気軽におたずねください。

TOP
まずは無料カウンセリングへ!