エンジニア就職

インフラエンジニアはホワイトな職種なの? 企業の見極め方も紹介

インフラエンジニアは、ほかのエンジニア職に比べてワークライフバランスが取りやすい職種といわれています。ただ、エンジニア職のなかでなぜインフラエンジニアだけがホワイトな職種といわれているのか、理由が気になる方も多いのではないでしょうか。

この記事では、インフラエンジニアがホワイトな職種といわれる理由や、ホワイト企業の見極め方などについて紹介していきます。未経験からインフラエンジニアを目指す方法も紹介するので、ぜひ参考にしてください。

インフラエンジニアとは?

インフラエンジニアの「インフラ」とは、システムやインターネットの利用、メールの送受信に必要な、サーバーやOSなどのIT基盤のことをいいます。インフラエンジニアは、下記に挙げるIT基盤の設計や構築、運用保守などをします。

ハードウェア サーバー 利用者のリクエストに応じ
インターネットを通じてサービスを提供するもの
ネットワーク 情報を伝達するための通信設備
ストレージ データの格納に特化した補助記憶装置。
データの読み書きを高速で処理できる
ソフトウェア OS コンピューターを制御・動かすためのもの。
WindowsやMacOSなどが代表的
ミドルウェア OSとアプリケーションの間に入り、
両者を補佐的に処理するもの。
データベース 決まった形式で整理・管理された、
データの集合体。

インフラエンジニアがすべての構築に携わることもありますが、作業範囲が広いため、各分野ごとに担当者を配置して手掛けることが一般的です。

さらにインフラエンジニアは分野ごとに細かく分けることができ、各分野ごとのエンジニアの役割は以下のとおりです。

サーバーエンジニア Web・メール・ファイルサーバーなどの設計や構築をする。
サーバー機器の設置や配線なども担当する。
ネットワークエンジニア ルーターやLANケーブルを用いて機器同士をつなぎ、
ネットワーク環境を設計・構築する。
データベースエンジニア どの順序でデータを並べると便利か、などを
考慮しながらデータベースの設計・開発をする。
セキュリティエンジニア サイバー攻撃やウィルス感染などから、
システムを守るために対策をする。

未経験からでも大丈夫! エンジニアを目指すなら転職サポート付きITスクールがおすすめ

今の仕事に不安を感じていて、手に職をつけたい人はITエンジニアへの転職がおすすめです。

ネットビジョンアカデミー」なら、就職率98%・完全無料で転職サポートまで受けられます

未経験からエンジニアへの転職は不安なことも多いはず。ITスクールに通えば、わからないことをすぐに聞いて解決することも可能です。今の仕事を続けながらエンジニアの勉強をしたいという人は、オンライン受講もできます。

無料相談や資料請求もできるので、まずはネットビジョンアカデミーについて詳しくチェックしてみてください

CTAボタン

インフラエンジニアの仕事に対するよくある誤解

インフラエンジニアの仕事に対するよくある誤解

インフラに問題が発生するとシステムが動かなくなるため、「インフラエンジニアは呼び出しや夜勤が多い」というイメージを持っている人もいるでしょう。しかし、実際は呼び出しや夜勤の頻度が必ずしも多いとは限りません。

以下では、インフラエンジニアの呼び出しと夜勤に対するよくある誤解について、詳しく解説していきます。

頻繁に呼び出しがあるという誤解

システムにトラブルが発生した場合はインフラエンジニアが呼び出されるケースがあるのは事実ですが、これは実際には稀なケースです。また、トラブルが発生しないよう、実装前にシステムのテストが実施されているため、そもそもトラブル自体が日常的に起こるものではありません。新サービスのリリース時はトラブルが発生しやすいですが、その場合は対応できる人員を社内に配置するなどの事前策を取ります。

仮にトラブルが発生しても、そのトラブルの重要性や緊急性が低い場合は、翌日出社した際に対応すれば良いケースもあります。トラブルの対応マニュアルが用意されており、社内にいる人だけで対応できるケースも少なくありません。そのため、帰宅後や休日などに頻繁な呼び出しがあるというのは誤解といえます。

勤務形態のほとんどが夜勤という誤解

インフラエンジニアには夜勤がありますが、担当する仕事によって夜勤の頻度は変わります。インフラエンジニアの仕事は、大きく分けて「運用監視」と「設計構築」の2つです。

運用監視では、システムを24時間監視する必要があるため、日常的に夜勤が発生します。1週間に1、2回は夜勤になる可能性が高いでしょう。ただし、夜勤の次の日は夜勤明け休みがあったりするため、月全体の出社日が日勤よりも減るというメリットもあります。

設計構築の場合は、新しいシステムの導入やバージョンアップ、設定変更をするときなどに夜勤が発生します。ただし、このような作業は必要なときのみ発生する一時的なものなので、夜勤の頻度はそこまで高くありません

日常的な夜勤によって勤務時間が安定しないことに不安がある場合は、設計構築に携われるようにスキルアップを目指しましょう。

未経験からでも大丈夫! エンジニアを目指すなら転職サポート付きITスクールがおすすめ

今の仕事に不安を感じていて、手に職をつけたい人はITエンジニアへの転職がおすすめです。

ネットビジョンアカデミー」なら、就職率98%・完全無料で転職サポートまで受けられます

未経験からエンジニアへの転職は不安なことも多いはず。ITスクールに通えば、わからないことをすぐに聞いて解決することも可能です。今の仕事を続けながらエンジニアの勉強をしたいという人は、オンライン受講もできます。

無料相談や資料請求もできるので、まずはネットビジョンアカデミーについて詳しくチェックしてみてください

CTAボタン

インフラエンジニアがホワイトな職種である理由

インフラエンジニアの夜勤や呼び出しの頻度が少ないだけでなく、ほかのエンジニア職と比較してもホワイトであり、ワークライフバランスが取りやすい職種といわれています。しかしなぜ、インフラエンジニアがホワイトなのかよくわからない人もいるでしょう。

インフラエンジニアがホワイトといえる理由には、この4つが挙げられます。以下では、それぞれの理由について詳しく解説していきます。

インフラエンジニアがホワイトな職種である理由

残業時間が少ない

インフラエンジニアはIT基盤を扱う関係上、長期の案件が多くなる職種です。短期間で納品しなければならないという事態があまりないため、残業時間が長くならない傾向にあります。インフラは直接人の目に触れる部分ではないため、顧客からの細かい要望や仕様変更がさほど多くありません。そのため、納期や急な対応に追われて激務になることは少ないでしょう。

また、シフト制を採用している企業では、仕事が残っていても次の担当者に引き継げます。「その日のうちに仕事を終わらせなければならない」「帰りにくい」ということが少ないため、定時で退社しやすい傾向にあります。

大企業の案件が多い

インフラエンジニアの主な勤務先は、自社サーバーを持つ大企業です。自社サーバーの設置・管理には資金力や技術力が必要なため、中小企業が自社サーバーを導入しているケースは少ないでしょう。

大企業は人材を確保しやすいため、人手不足になることが少ない傾向にあります。十分な人員がいれば残業時間も減り、ブラック化しにくくなります。人件費の規模も大きいため、給料が安かったり、残業代が支払われなかったりする心配も少ないでしょう。

時代が変化しても仕事内容や求められる技術が変わらない

インフラエンジニアの仕事はIT基盤の設計・構築・運用保守であり、昔と比較しても仕事内容に大きな変化はありません。IT業界全体では技術力など大きな発展を遂げていますが、時代が変化してもインフラエンジニアの仕事にはさほど大きな変化がないため、今後も仕事内容が変わる可能性は少ないことが予想されます

また、どの企業でも求められる技術に大きな差がないことから、一度知識やスキルを身につければ別の業界へチャレンジすることもできます。一度身につけた知識やスキルで安定的に働き続けられる点も、インフラエンジニアがホワイトだと言える理由です。

勉強のために業務外の時間を多く割かなくてよい

流行り廃りのあるプログラミング言語と比べて、ネットワークなどの通信インフラ技術は昔も今も大きく変わっていないため、時代の流れについていくために勉強すべきことが少ない傾向にあります

また、インフラエンジニアの業務知識は、実際にサーバーやネットワーク環境を触らなければ覚えられないことも多いので、そもそも自宅などで勉強することは難しく、仕事中に知識を覚えざるを得ないでしょう。

そのため、帰宅後や休日は自分の好きなことに充てられ、業務時間外に仕事に関するストレスを抱えずに済みます。業務時間内と業務時間外でメリハリをつけられることから、インフラエンジニアはホワイトだといわれているのです。

ホワイト企業のインフラエンジニア求人を見極める方法

ホワイト企業のインフラエンジニア求人を見極める方法

インフラエンジニアはホワイトな職種といわれていますが、それでも企業選びは大切です。きちんと求人を見極めないと、希望どおりの環境で働けない可能性もあります。

以下ではホワイト企業の求人を見極めるポイントを5つ紹介していきます。インフラエンジニアとして長期的に活躍するために、ぜひ参考にしてください。

小規模な下請け企業ではないか

小規模な下請け企業のようにメンバーが少人数だと、一人ひとりへの負担が大きくなります。

下請け企業とは、クライアントから直接依頼を受けた元請けから仕事を依頼された企業のことです。二次請け、三次請けなど、下請けになるほど予算が少なくなるため、人員不足が発生しやすい傾向にあります。さらに、下請け企業が担当する業務は下流工程が多いため、スキルアップが難しくなるデメリットもあります。

中小企業庁の「中小企業・小規模企業者の定義」によると、中小企業の定義は従業員数300人以下とされています。規模の大きな企業を選ぶ目安として、従業員数が300人以上かどうかを確認するのがおすすめです。

また、企業の取引先をチェックして下請けかどうかを見分ける方法もあります。取引先がシステム会社ばかりだと、元請け会社から仕事をもらっている可能性が高いです。反対に、取引先が非IT企業の場合は元請け会社である可能性が高いでしょう。

研修制度がしっかりしているか

研修制度がしっかりしている企業は、社員の育成にも力を入れているホワイトな企業である可能性が高いでしょう。入社直後の研修だけでなく、定期的な社内勉強会があるか、資格取得を支援しているかなどもチェックするのがおすすめです。

反対に、研修制度がない求人には注意しましょう。インフラはシステムの基盤であり、インフラに問題があるとシステムは正常に動きません。事故やトラブルを防ぐためには、きちんとした研修を受ける必要があります。それにもかかわらず研修がない場合は、運用保守やテストなど、研修がそれほど必要ではない単純作業ばかり任される可能性があります。単純作業ばかりだといつまでもスキルが身につかないため、キャリアアップも難しくなるでしょう。

社員の平均年齢が低すぎないか

創業年数が浅いベンチャー企業を除き、社員の平均年齢は働きやすさの一つの指標となります。インフラエンジニアの業務内容はどの企業でも大きな差はないため、一つの企業に長く定着する人が多い傾向にあります。そんな中、社員の平均年齢が著しく低い企業は転職者が多いことを示唆し、労働環境に何かしらの問題がある可能性が疑われるでしょう。

インフラエンジニアに限定した調査ではありませんが、厚生労働省が2019年におこなった調査によると、エンジニアの平均年齢は38.8歳です。インフラエンジニアの平均年齢も、30代後半~40代前半の間くらいであることが予想されます。よって、社員の平均年齢が20代の場合は、離職率が高い可能性があるため注意しましょう。

離職率が低く安定した企業であれば、社員の平均年齢は自然と上がります。30~40代が活躍する企業は、ホワイトである可能性が高いでしょう。

有給の取得率が高いか

企業を選ぶ際は、有給取得率が60%以上かを一つの基準にすると良いでしょう。厚生労働省の調査によると、IT業界では「有給取得率が60~80%」の企業が45%でもっとも多く、取得率60%以上の企業は全体の52%を占めます。同じく厚生労働省の「就労条件総合調査」によると、日本企業の有給取得率の平均が約52%なので、有給取得率が60%以上ならば比較的ホワイトな企業といえそうです。

インフラエンジニアは夜勤ありのシフト制が採用されているケースもあり、うまく体を休められないと体調を崩す恐れもあります。有給を取得しやすければ、体調を考慮して好きなタイミングで休むことができ、働くことへのストレスを減らせるでしょう。

福利厚生が充実しているか

福利厚生が充実している企業は、社員を大切にする企業といえるでしょう。福利厚生には、住宅手当や通勤手当などの生活にかかわるものだけでなく、資格取得手当や書籍購入費補助といった社員の成長を補助するものもあります。

インフラエンジニアは、業務知識を習得するまでに多少時間がかかる一面があります。スキルアップの支援があればスムーズに知識を習得しやすいです。業務へ慣れるスピードも速まるうえ、自分のインフラスキルを高められるため、後々のキャリアアップも叶えられるでしょう

また、インフラエンジニアは夜勤が発生するケースもあるため、夜勤手当が支給されるかをよく確認しましょう。「夜勤手当は基本給の25%以上の割合で支払わなければならない」ということが法律で決められているため、夜勤があるのに手当の支給について言及されていない求人には注意しましょう。

未経験からホワイト企業のインフラエンジニアを目指すなら「ITスクール」もおすすめ

未経験からホワイト企業のインフラエンジニアを目指すなら、短期間で基礎を学べて就職支援もしてくれるITスクールがおすすめです。

ITスクールでは、プログラミングのコツや環境構築のやり方など、実務に直接活かせる知識をカリキュラムに沿って、無駄なく短期間で身につけられます。また、疑問点があれば、エンジニア経験のある講師に相談することもできます。

またITスクールの中でも、就職支援のサポートがあるスクールであれば、ホワイト企業への就職もしやすくなるでしょう。ITスクールが紹介する企業は、そのスクールでの学びを活かせるかつ一定の基準をクリアしたホワイト企業ばかりです。スクールからの企業紹介を受ければ、自身の学びやスキルがきちんと仕事に活かせるだけでなく、ホワイト企業への就職成功率もアップするでしょう。

未経験でも待遇の良いホワイト企業に就職できるのか不安に思う方は、就職支援付きのITスクールの活用が非常に有効です。

ホワイト企業を見極めてインフラエンジニアとして働こう

インフラエンジニアは、ほかのエンジニア職と比べて残業が少なく、収入も安定しやすい職種です。インフラエンジニアの求人を探す際は、企業規模は大きいか、研修や福利厚生は充実しているかなどを確認して、ホワイトな環境か見極めましょう。

未経験からインフラエンジニアになるには、ITスクールの活用がおすすめです。インフラエンジニアに必要なスキルを体系的に学べるほか、ホワイト企業の求人紹介といった就職支援も受けられます。ホワイト企業にスムーズに就職・転職したい方は、ぜひチェックしてみてください。

未経験からでも大丈夫! エンジニアを目指すなら転職サポート付きITスクールがおすすめ

就職支援バナー

未経験からエンジニアへの転職は不安なことも多いはず。ITスクールに通えば、わからないことをすぐに聞いて解決することも可能です。今の仕事を続けながらエンジニアの勉強をしたいという人は、オンライン受講もできます。

無料相談や資料請求もできるので、まずはネットビジョンアカデミーについて詳しくチェックしてみてください

CTAボタン

記事の監修責任者

飯塚 寛也
エンジニアとして移行調整・NW更改作業・クラウドシステムの設計・構築等を手掛ける。 入社2年目でネットワーク最高資格であるCCIEの筆記試験に合格。 人材開発室にてCCNA/CCNPの勉強会を50回以上開催、100名以上の合格者を輩出し、スクール事業の礎となる。
株式会社アプエンテ 職業紹介責任者(010-190717133-004)
情報処理技術者試験 ネットワークスペシャリスト試験(第NW-2021-04-00112号)
Cisco認定試験 CCNP Enterprise 認定/CCNA
監修責任者からのメッセージを読む

無料カウンセリング、
参加受付中!

IT業界やネットワークエンジニアのこと、
当校や入校に関する疑問、ご相談などお気軽におたずねください。

TOP
まずは無料カウンセリングへ!