IT業界

【2020年】IT業界の最新技術と今後の動向

パソコンやスマートフォン、インターネットの普及によって、近年の生活は大きく変わりました。 2020年以降、IT業界の今後はどうなっていくのでしょうか? 現在注目されているキーワードを基準に、今後の動向と展望を紹介していきます。

5Gとは

5Gとは、4Gに変わる次世代のモバイル通信の規格のことです。
この5Gが普及することで、今後モバイル端末によるトラフィック量が増加します。
現代では、スマートフォンユーザーは爆発的に普及しており、YouTubeやニコニコ動画といった「動画閲覧」が気軽にできるようになりました。
その影響でテレビを見る機会が減った代わりに、スマートフォンでテレビを見るようになったという大きな変化が生じています。
5Gでは現行LTEの100倍の最大10Gbpsが可能となり、これは2時間の映画が3秒でダウンロードできる速度です。


 

5Gの今後と展望

高速で大規模な5Gは、IoTなどの普及にも欠かせない技術です。
5Gにより大量の機器が同時にインターネットに繋ぐことが実現できるようになります。
5Gは通信速度の向上だけでなく同時接続数の増加も大きな特徴です。
1平方km辺り100万台の通信機器の同時接続を目標に掲げており、スマホやタブレット以外にもウェアラブルデバイスや自動運転の普及にも欠かせません。
また、高画質の防犯カメラの運用など、街の防犯にも期待が寄せられています。

関連記事:移動通信の新規格「5G」がもたらす高速通信の未来とは

あなたにはどのエンジニアが向いてる?
今すぐエンジニア診断してみよう


「エンジニアになってIT業界で働きたい」
「エンジニアに興味はあるけど、種類が多すぎて自分に向いてる職種がわからない」

そんな悩みを解決するのが、「エンジニア診断ツール」です。


・診断できるのは8種類のエンジニア。

・たった30秒で完了


「エンジニア診断」はたった12の質問に答えるだけで、あなたに向いているエンジニアを診断。


診断結果には仕事内容の概要も掲載しているので、自分に合ったエンジニアについて詳しく知って、エンジニア就職に一歩近づきましょう。

エンジニア診断CTAボタン

クラウドとは

クラウドとは、インターネットなどのネットワーク経由で利用できるサービス全般のことです。

従来、事業者のデータの入ったサーバはオンプレミスと呼ばれる、自社の敷地内(建物内)に置く形式が一般的でした。
しかしながら、自社内に置かれているサーバは停電、震災などの被害に弱い、設備調達や構築に時間が掛かる、場所を取る、スペックを柔軟に変更出来ない、セキュリティが弱いなどの課題がありました。
そこで、事業者が提供するサーバを利用する事で、特別なソフトウェアや機器・設備の調達や構築に時間をかけずに、即時に利用開始することができるようになりました。
また、クラウドではプランを変更することで、臨機応変に高速化、大容量化できるのが特徴です。
あらゆるデータ、つまりIT資産を自分で持つか持たないかがクラウドの分かれ目です。
そしてクラウド化した方がメリットが多いということもあり、急速にクラウド化が進んでいます。

サービス例としては、AWS(Amazon Web Service)やNECCI(NEC Cloud IaaS)などがあります。


 

クラウドの今後と展望

会社に行かなくてもブラウザからアクセスできるため、在宅ワークの実現が可能になります。
また、クラウド上にデータを補完することで、万が一パソコンが壊れてもデータを損失するリスクをなくすことができます。

関連記事:クラウドサービスの現状と今後について


あなたにはどのエンジニアが向いてる?
今すぐエンジニア診断してみよう

「エンジニアになってIT業界で働きたい」
「エンジニアに興味はあるけど、種類が多すぎて自分に向いてる職種がわからない」


そんな悩みを解決するのが、「エンジニア診断ツール」です。


・診断できるのは8種類のエンジニア。

・たった30秒で完了


「エンジニア診断」はたった12の質問に答えるだけで、あなたに向いているエンジニアを診断。


診断結果には仕事内容の概要も掲載しているので、自分に合ったエンジニアについて詳しく知って、エンジニア就職に一歩近づきましょう。

エンジニア診断CTAボタン

IoTとは

IoTとは、パソコンやスマホ以外のも様々なモノがインターネットにつながり相互に通信する「モノのインターネット」のことです。
IoTでいう「あらゆるモノ」とはまさに全てのものであり、冷蔵庫や電子レンジなどの家電製品、机や椅子などの電子機器以外の家具、服などのウェアラブルデバイスまでもが対象となっています。
アイデア次第で今までは考えられなかったサービスがIoTにより実現可能となるでしょう。

個人でIoTを利用するだけでなく、ビジネスの場面でもIoTは欠かせないものとなっていきます。
実際に、車とインターネットを繋げて事故割合などのデータを蓄積し、車両保険に反映するといったサービスも生れています。
この他にもマーケティング戦略の情報源として利用されています。

 

エッジコンピューティング

データの処理をクラウドにあるサーバで行うのではなく、データを取得した機器に近いエッジ側で行うことをエッジコンピューティングといいます。
IoTでは多くの情報が発生するため、高速な情報判断を実現するためには、このエッジコンピューティングの技術が必要になります。

IoTの今後と展望

例えば、スプリンクラーをネットワークに繋げ、作物に自動で定期的に水やりを行ったり、降水確率に合わせて傘立てが光ったりなど、人々の日常をより豊かにする為に使用されています。
あるいは、車のガソリンが少なくなってきたら、近くのガソリンスタンドを提案したり、車の近くを子供やお年寄りが歩行していることを運転手に知らせてくれたりすることも実現可能です。
このようにIoTが普及することで常にオンラインの状態となり、調べたいことがすぐに情報が手に入るようになっていきます。
例えば、冷蔵庫や電子レンジではレシピを検索することが可能になったり、行動パターンなどの情報を蓄積し、あなたに合ったレシピやおすすめの食材などを提案してくれるサービスも考えられます。
IoTにより様々なモノからデータを収集することでビッグデータにも活かされるでしょう。

関連記事:IoTの開発で必要とされるエンジニアになる!IoTの基礎知識

AI(人工知能)とは

AIとは、Artificial intelligenceの略称で人工知能のことです。CMで見かけることも多い「ペッパーくん」にも人工知能が搭載されています。
今の人口知能はディープラーニングにより自分で概念を学習することができます。これらの人口知能とロボットの研究が進めば、職業によってはAIやロボットにとってかわられる仕事もでてくるでしょう。


ビッグデータ

これまで扱うことが困難だった大量で多様なデータを蓄積し、解析する仕組みがIT技術の進化により実現してきました。
これがビッグデータと言われています。
今現在もデータベースなどを使用して大量のデータを扱うことができますが、それを遥かに超えるデータ量がビッグデータと言われています。

たとえば、個人の行動パターンを今まで以上に詳細に解析することができるようになります。
これらの解析結果はマーケティングやコスト削減など様々な利用が考えられます。

このビッグデータですが、IoTの普及により活用の場が一気に広がり、経営戦略などに欠かせない情報源として活用されています。
また、ビックデータを持っている企業や収集できる環境が整っている企業の価値がますます上がっていくでしょう。

ディープラーニング

ディープラーニングとは、人間の手助けなしに機械が自らデータを分析して自動的にデータの中から特徴を抽出してくれる技術のことです。
多層構造化することにより情報を様々な角度から取り入れることが可能になる為、情報伝達と処理を増やし、データの特徴の精度や汎用性を上げ、また、予測精度も向上させることが出来ます。
これらの計算を高速化するために量子コンピュータも開発されています。

AIの今後と展望

画像分析や危険予測の技術は自動運転などの自動化に用いられます。
また、音声認識やディープラーニングはSiriやgooglehomeなどの音声検索機能に生かされており、将来的には自動的翻訳のサービスの実現が期待されています。
ビッグデータを用いた予測では、商品の仕入れ時期や、商品陳列の最適化などが可能になっています。

関連記事:最近話題の”人工知能”とは?エンジニアが知っておきたいAIの実態について

VR(バーチャルリアリティ)とは

VRとはVirtual Realityの略称で仮想現実のことです。
すでにVRと呼ばれている「バーチャルリアリティ空間」を体験できる機械も登場しています。

VRに似た言葉でARというものがあります。
AR(Augmented Reality)、拡張現実のことです。
最近のものですと、ポケモンGoがそれにあたります。
ARはVRの仮想世界へ行くというコンセプトとは違い、CGを投影し、現実世界に仮想現実を呼び出すというコンセプトの技術なので、VRとARの違いは、このコンセプトにあるのです。

また、VRとARをあわせたMR(Mixed Reality)、複合現実というものもあります。
VRとARの良い点を兼ねることで、違和感なく日常生活に活用できることが特徴です。

 

VRの今後と展望

VRは、現段階では、VRに対応している動画だけを見ることしかできませんが、今後はVR動画が主流になっていくことでしょう。
特にスポーツ観戦や旅行体験などでARを用いて家具の購入イメージや服の試着などができるようになります。
また、医療現場では手術シミュレーションに生かされたりしています。
さらに、人間の網膜に直接映すようなコンタクト型のゴーグルも構想されており、スマホの代わりにMRで情報を得る時代が来るかもしれません。

関連記事:3分でわかる!VR・AR・MRの違いとは?

フィンテックとは

フィンテックとは、金融(Finance)とテクノロジー(Technology)を組み合わせた造語で、
IT技術による金融サービスのさまざまな技術革新のことです。
例えば、仮想通貨やモバイル決済によるキャッシュレスなどは現在浸透しつつあります。
お金を扱う領域のため、セキュリティ技術が必要不可欠で、
なりすまし防止のための本人認証システムである3Dセキュアや、
データを分散して保存するブロックチェーンの技術によってセキュリティを確保しています。

 

フィンテックの今後と展望

モバイル決済によるキャッシュレスが可能になります。
キャッシュレスにすることで割り勘などの支払いもスムーズになったり、
税金や確定申告なども自動化して、履歴が残るなどのメリットがあります。
また、商品を使いたいときだけ使用できるサブスクリプションのより一層の普及や、
クラウドファンディングの活発化など、金融のあり方が変わってくることが予想されます。

関連記事:現金払いはもう古い?キャッシュレスを詳しく解説!
関連記事:商品を使いたい時だけ使おう!サブスクリプションってどんなビジネス?

インターネットの将来と課題

インターネットに繋がることは特別なことではなく、社会インフラとして必須のものとして普及しています。
そのような世の中になった場合、どういったことが考えられるでしょうか。

教育が行き届く

インターネットがあらゆるモノに繋がるようになれば、テキスト、動画などで教育を受けることが世界中で可能になります。
貧しい国はもちろん、どの国にいても世界中の教育を受けることが可能となるため、学校の制度も変わっていくでしょう。

医療分野

身につける時計や服などからデータを収集し、ビッグデータとして解析することで医療も発展していくと考えられます。
また、治療に関しても病状の早期発見が可能になるようになるでしょう。

交通分野

大量のデータを高速に通信できるようになれば、自動運転が普及します。
また、ビッグデータの活用により渋滞も解消されることが予測されます。

格差の拡大

ビッグデータやAIを活用することで富裕層はますます豊かになるでしょう。
教育を受ける機会があり、全体的に豊かになっていくとしても格差の拡大は進むと予想されます。

例えば、より性能の高いAIを使用することができれば、より良い成果を出しやすくなります。
ビッグデータも大量のデータを取得することができれば、当然解析結果の精度も上がります。

まとめ

IT業界の今後の展望について、注目のキーワードをもとにご紹介してきました。
日進月歩のIT社会では日々技術革新が起きているので、情報を収集し続けることが大切です。

転職に迷ったらやってみよう!【エンジニア診断】

記事の監修責任者

飯塚 寛也
エンジニアとして移行調整・NW更改作業・クラウドシステムの設計・構築等を手掛ける。 入社2年目でネットワーク最高資格であるCCIEの筆記試験に合格。 人材開発室にてCCNA/CCNPの勉強会を50回以上開催、100名以上の合格者を輩出し、スクール事業の礎となる。
▶監修責任者からのメッセージを読む

無料カウンセリング、参加受付中!

IT業界やネットワークエンジニアのこと、
当校や入校に関する疑問、ご相談などお気軽におたずねください。