単元解説

意外と知らない?「HTTP」と「HTTPS」は何が違う?

皆さんがGoogleChrome等のブラウザを使用して、検索するとき、HTTP://とかHTTPS://という表示をみたことあると思います。
今回はその「HTTP」「HTTPS」についてお話したいと思います。

「HTTP」と「HTTPS」

HTTPやHTTPSはプロトコルの一種で、HPを見るときの手段をあらわしています。

HTTPはHyper Text Transfer Protocol、HTTPSはHyper Text Transfer Protocol Secure の略称です。

HPを閲覧するためのプロトコルであるHTTPを、SSLやTLSという仕組みを利用して通信を暗号化し、セキュリティを強化したものがHTTPSとなります。

SSLやTLSを導入するにあたっては証明書の発行が必要になります。

SSL(Secure Sockets Layer)、TLS(Transport Layer Security)

⇒インターネット上でデータを暗号化して送受信するプロトコル

あなたにはどのエンジニアが向いてる?
今すぐエンジニア診断してみよう

「エンジニアになってIT業界で働きたい」
「エンジニアに興味はあるけど、種類が多すぎて自分に向いてる職種がわからない」
そんな悩みを解決するのが、「エンジニア診断ツール」です。

・診断できるのは8種類のエンジニア。
・たった30秒で完了

「エンジニア診断」はたった12の質問に答えるだけで、あなたに向いているエンジニアを診断。
診断結果には仕事内容の概要も掲載しているので、自分に合ったエンジニアについて詳しく知って、エンジニア就職に一歩近づきましょう。

エンジニア診断CTAボタン

HTTPとHTTPSの違い

違いは暗号化するかどうかです。

普段皆さんは、自分がインターネットでHPを見ているとき、その内容を除かれているかも、と考えたことはありますか?

HTTPだとその可能性は大いにあります。

HTTPSの場合、HTTPSのS(Secure)が示す通り、安全にHPを閲覧することができるのです。

最近では様々な団体・企業がHTTPSをでHPを閲覧できるよう取り組んでおります。

徐々にHTTPSの普及率も増加傾向にあるのですが、完全普及にはまだほど遠い状況です。

最近では、GooglechromeがHTTPSを使用していないHPにアクセスする際に、

警告を表示するなどの取り組みも見られます。

あなたにはどのエンジニアが向いてる?
今すぐエンジニア診断してみよう

「エンジニアになってIT業界で働きたい」
「エンジニアに興味はあるけど、種類が多すぎて自分に向いてる職種がわからない」
そんな悩みを解決するのが、「エンジニア診断ツール」です。

・診断できるのは8種類のエンジニア。
・たった30秒で完了

「エンジニア診断」はたった12の質問に答えるだけで、あなたに向いているエンジニアを診断。
診断結果には仕事内容の概要も掲載しているので、自分に合ったエンジニアについて詳しく知って、エンジニア就職に一歩近づきましょう。

エンジニア診断CTAボタン

まとめ

ITの進歩に伴って、それを取り巻く脅威も進歩してしまっています。

セキュリティ技術の向上ももちろん大切なのですが、やはり重要なのは、個人レベルにおける、セキュリティに対する意識だと思います。

他にもセキュリティに関しての記事がありますので、是非そちらも一度読んでみて、セキュリティ意識を高めていただければと思います!

転職に迷ったらやってみよう!【エンジニア診断】

記事の監修責任者

飯塚 寛也
エンジニアとして移行調整・NW更改作業・クラウドシステムの設計・構築等を手掛ける。 入社2年目でネットワーク最高資格であるCCIEの筆記試験に合格。 人材開発室にてCCNA/CCNPの勉強会を50回以上開催、100名以上の合格者を輩出し、スクール事業の礎となる。
株式会社アプエンテ 職業紹介責任者(010-190717133-004)
情報処理技術者試験 ネットワークスペシャリスト試験(第NW-2021-04-00112号)
Cisco認定試験 CCNP Enterprise 認定/CCNA
監修責任者からのメッセージを読む

無料カウンセリング、
参加受付中!

IT業界やネットワークエンジニアのこと、
当校や入校に関する疑問、ご相談などお気軽におたずねください。

TOP
まずは無料カウンセリングへ!