IT資格

【CCNA】Cisco技術者認定試験が変わります!【2020年変更点】

2020年2月24日に現行のCisco社の試験、CCNA、CCNP、CCIEなどが全て一新されました。 今回の改定は非常に大幅な変更が入っているので、それぞれの変更点ついてご紹介していきます。

Cisco技術者認定試験範囲と試験内容の変更点について

新試験での主な変更点は以下になります。

・Associate/Professionalレベル認定取得に必要な前提条件の廃止
・アソシエイト/プロフェッショナル レベル認定取得に必要な前提条件の廃止
・継続教育オプション:すべての受講者が利用可能に
・CCNA 認定の集約化と改定
・認定20 年以上の CCIE ホルダーのための新たな有効期間
・新しい DevNet トレーニング (アソシエイト、スペシャリスト、プロフェッショナルの各認定)

CCNA 認定の集約化とDevNetの新設が非常に大きなポイントかと思います。
また、旧試験では有効期間が資格によって異なっていましたが、新試験ではすべての資格の有効期限が3年になっています。



あなたにはどのエンジニアが向いてる?
今すぐエンジニア診断してみよう


「エンジニアになってIT業界で働きたい」
「エンジニアに興味はあるけど、種類が多すぎて自分に向いてる職種がわからない」

そんな悩みを解決するのが、「エンジニア診断ツール」です。


・診断できるのは8種類のエンジニア。

・たった30秒で完了


「エンジニア診断」はたった12の質問に答えるだけで、あなたに向いているエンジニアを診断。


診断結果には仕事内容の概要も掲載しているので、自分に合ったエンジニアについて詳しく知って、エンジニア就職に一歩近づきましょう。

エンジニア診断CTAボタン

旧試験範囲と試験内容の変更点について

この章では旧試験から存在していた試験の主な変更点について紹介します。

CCNA試験範囲と試験内容の変更点について



CCNAはAssociateレベルの資格で、2020年までの旧試験は10の分野に分かれていましたが、改定後は1つにまとめられています。
CCNA認定後は、次のような幅広いトピックを網羅する必要があります。

・ネットワークの基礎
・ネットワークアクセス
・IP接続
・IPサービス
・セキュリティの基本
・自動化とプログラマビリティ

DevNetほどではありませんが、自動化とプログラマビリティの要素も入っているということになります。
現行の10個のCCNA認定は、この新しいCCNAの後になにもつかないものに置き換わることになります。

CCNP試験範囲と試験内容の変更点について



旧試験で分かれていた8個の分野は5個の分野にまとめられました。
DataCenter、Security、Collaboration、ServiceProviderに関しては名称はそのままで、
Routing&SwitchingとWireless、Cloud、Design ProfessionalはEnterprise Infrastructureへと統合されました。

それぞれの分野でのコア試験、もしくは、コンセントレーション資格1つを取得することでスペシャリスト認定となります。
そして、それぞれの分野でのコア試験とコンセントレーション資格のうち1つ両方取得することでCCNP認定(プロフェッショナル認定)となります。

CCIE試験範囲と試験内容の変更点について



資格分野の数は変わらず、名称と内容が変更になりました。
DataCenter、Security、Collaboration、ServiceProviderに関しては名称はそのままで、Routing&SwitchingとWirelessはEnterprise分野のEnterprise InfrastructureとEnterprise Wirelessへと名称が変更になっています。

それぞれのコア試験とCCIEラボ試験を取得することで、CCIE資格の認定となります。
Enterprise分野はInfrastructureとWirelessそれぞれのラボ試験が別れています。
CCNPコア試験を取得していれば、コンセントレーション資格に合格してCCNP認定を保持していなくても、CCIEラボ試験に合格することで、飛び級でCCIE資格を取得できるようになりました。

あなたにはどのエンジニアが向いてる?
今すぐエンジニア診断してみよう

「エンジニアになってIT業界で働きたい」
「エンジニアに興味はあるけど、種類が多すぎて自分に向いてる職種がわからない」


そんな悩みを解決するのが、「エンジニア診断ツール」です。


・診断できるのは8種類のエンジニア。

・たった30秒で完了


「エンジニア診断」はたった12の質問に答えるだけで、あなたに向いているエンジニアを診断。


診断結果には仕事内容の概要も掲載しているので、自分に合ったエンジニアについて詳しく知って、エンジニア就職に一歩近づきましょう。

エンジニア診断CTAボタン

新設資格の試験内容について

この章では新試験から新設された資格に関して紹介していきます。

CCT(Cisco Certified Technician)の試験内容について

2020年の改定後ではエントリーがCCENTから、CCT(Cisco Certified Technician)となります。
CCTでは、Cisco機器の診断、復元、修復、及び交換する技術を得ることができ、
取得者はTAC(Cisco Technical Assistance Center※)と緊密に連携し、迅速かつ効率的に問題を解決できるようになります。
※TAC Cisco社の技術部門
CCTはCCT(Routing and Switching)とCCT(DataCenter)の二つから構成されています。

CCT(Routing and Switching)は、Router、Switch重視の知識で、
Cisco IOS、ケーブル接続、インターフェースや機器の識別などの知識が必要になります。
100-490 RSTECHに合格することで取得できます。

CCT(DataCenter)は、Server重視の知識で、
サーバ、ケーブル接続、インターフェースや機器の識別などの知識が必要になります。
010-151 DCTECHに合格することで取得できます。

DevNetの試験内容について

新設されたDevNet認定試験は、ソフトウェア開発、DevOpsのエンジニア、自動化の専門家、及びその他ソフトウェアの専門家のための資格です。
新しい種類のITプロフェッショナルのための重要な新技術スキルである
ネットワーク、IoT、DevOps、クラウドのためのアプリケーション、自動化、インフラストラクチャの技術力が認定されます。



試験には以下の知識が必要になります。
・APIの理解と使用
・Ciscoプラットフォームと開発
・アプリケーション開発とセキュリティ
・インフラストラクチャと自動化

DevNetAssociateの試験内容について

ネットワークを構築・制御するアプリケーションで利用するAPIの概要や、アプリケーションの基本的なセキュリティなどに関する知識が問われます。

認定の正式な前提条件はありませんが、
Pythonプログラミングを含むソフトウェアで1年以上の開発試験が推奨とされています。
200-901 DEVASCに合格することで取得できます。

DevNetProfessionalの試験内容について

こちらも認定の正式な前提条件はありませんが
Pythonプログラミングを含むソフトウェアで3~5年の開発経験が理想的となっています。
コンセントレーション資格1つと、コア試験(350-901 DEVCOR)を取得することで認定されます。

旧試験の認定はどうなる?

旧試験のCCNA、CCNP、CCIEを保持している場合は、それぞれ改定後の認定が自動的に付与されます。

CCENTの認定について

旧試験のエントリー資格であるCCENTは、2020年2月24日で廃止されました。
過去に取得済みのCCENT認定はCCT認定へと移行することはなく、認定期日が来ると失効となります。

旧試験では、CCENT(ICND1)取得者は、ICND2に合格することでCCNAの認定となりましたが、新試験では廃止されているため、新CCNA試験を受験して合格する必要があります。

CCNAの認定について

旧試験でCCNAを取得した人は、2020年2月24日から新制度のCCNA認定者へと自動的に移行します。
ただし、3年間の認定期間は移行日からではなく、旧試験の取得日から3年となります。

CCNPの認定について

旧試験で保有しているCCNPの資格については、新試験に名称が変更されて引き続き有効です。

旧CCNPで、CCNP Route(300-101)とCCNP Switch(300-115)の両方を保有していた人は、新試験のEnterprise コア試験(350-401 ENCOR)の認定となります。
RouteかSwitch片方のみの人は新試験では認定が引き継がれません。
また、旧CCNP T-Shoot(300-135)は、新試験のコンセントレーション試験のEnterprise Advanced Infrastructure Implementation(300-410 ENARSI)の認定となります。

以上、Cisco技術者認定のアップデートをお伝えさせていただきました。

転職に迷ったらやってみよう!【エンジニア診断】

記事の監修責任者

飯塚 寛也
エンジニアとして移行調整・NW更改作業・クラウドシステムの設計・構築等を手掛ける。 入社2年目でネットワーク最高資格であるCCIEの筆記試験に合格。 人材開発室にてCCNA/CCNPの勉強会を50回以上開催、100名以上の合格者を輩出し、スクール事業の礎となる。
▶監修責任者からのメッセージを読む

無料カウンセリング、参加受付中!

IT業界やネットワークエンジニアのこと、
当校や入校に関する疑問、ご相談などお気軽におたずねください。