IT勉強方法

ネットワークエンジニアに必要な勉強方法5選|おすすめの資格も紹介

「ネットワークエンジニアに勉強は必要?」「おすすめの勉強方法は?」などネットワークエンジニアになるにはどのような知識を学び、勉強するのが良いのかわからず悩んでいる人も多いのではないでしょうか。 ネットワークの勉強は、非常に多岐に及ぶ専門的な知識を学ぶ必要があるため、特に初心者にはなじみのない用語や仕組みの理解に苦戦するかもしれません。 そのため、勉強方法で迷ったり、勉強内容の難しさに挫折してしまう可能性もあるでしょう。 この記事では、ネットワークエンジニアに必要な勉強方法について解説するとともに、勉強に役立つおすすめの書籍やWEBサイト、資格を紹介するので参考にしてみてください。

ネットワークエンジニアの仕事とは?

ネットワークエンジニアは、ITサービスの中で通信技術を専門に扱う仕事です。

通信は、目には見えない仕事のため、普段意識することは少ないかもしれませんが、非常に重要な技術です。どれくらい重要なのかは、通信ができなくなったときの影響を考えれば理解できるでしょう。

たとえば、通信ができない場合は、スマホでインターネットが使えないので、SNSや動画が見れなくなります。また、移動で飛行機や電車の運行ができず交通網も麻痺するでしょう。物流も止まるのでスーパーやコンビニなどで物資が届かなくなります。

通信がなくなれば電気、ガス、水道などのライフラインも管理できないので、企業はネットを使ったサービスが使えなくなります。

このように、今の社会や生活は、ITによってすべてが支えられ、正確に維持・管理された状態が当たり前のうえに成り立っているといえます

ネットワークエンジニアの仕事内容についてより詳しく知りたい方は、こちらの記事を参考にしてみてください。

関連記事:ネットワークエンジニアの魅力ややりがいとは?

未経験からのエンジニア転職は資格の取得で成功に近づける

「未経験からエンジニアに転職したいけど、何を勉強すればいいかわからない」という悩みを持っている人は、まずは資格取得をめざしてみてください。資格を持っていれば未経験でも「知識がある」という証明になります。


ネットビジョンアカデミー」なら、資格取得率99%・最短一か月で資格の取得が可能です


知識0からでも、資格をとって優良企業へのエンジニア転職が可能です。受講料が完全無料で受けられるので、まずはネットビジョンアカデミーについて詳しくチェックしてみてください。


CTAボタン

ネットワークエンジニアの仕事とは?

ネットワークエンジニアは、ITサービスの中で通信技術を専門に扱う仕事です。

通信は、目には見えない仕事のため、普段意識することは少ないかもしれませんが、非常に重要な技術です。どれくらい重要なのかは、通信ができなくなったときの影響を考えれば理解できるでしょう。

たとえば、通信ができない場合は、スマホでインターネットが使えないので、SNSや動画が見れなくなります。また、移動で飛行機や電車の運行ができず交通網も麻痺するでしょう。物流も止まるのでスーパーやコンビニなどで物資が届かなくなります。

通信がなくなれば電気、ガス、水道などのライフラインも管理できないので、企業はネットを使ったサービスが使えなくなります。

このように、今の社会や生活は、ITによってすべてが支えられ、正確に維持・管理された状態が当たり前のうえに成り立っているといえます

ネットワークエンジニアの仕事内容についてより詳しく知りたい方は、こちらの記事を参考にしてみてください。

関連記事:ネットワークエンジニアの魅力ややりがいとは?

未経験からのエンジニア転職は資格の取得で成功に近づける

「未経験からエンジニアに転職したいけど、何を勉強すればいいかわからない」という悩みを持っている人は、まずは資格取得をめざしてみてください。資格を持っていれば未経験でも「知識がある」という証明になります。


ネットビジョンアカデミー」なら、資格取得率99%・最短一か月で資格の取得が可能です


知識0からでも、資格をとって優良企業へのエンジニア転職が可能です。受講料が完全無料で受けられるので、まずはネットビジョンアカデミーについて詳しくチェックしてみてください。


CTAボタン

ネットワークエンジニアに必要な知識やスキル

ネットワークは、ITサービスに欠かすことのできない通信技術です。そのため、通信がどのような仕組みで行われているかを学ぶ必要があります。

具体的には「TCP/IP全般の基礎知識」と「OSI参照モデル」について理解することが重要です。この2つの技術は、通信を理解するうえで非常に重要な基礎知識なので、最初に勉強するのがおすすめです

基礎知識やスキルを学ぶことでネットワークエンジニアの仕事に活かすことが十分できるでしょう。そのあとは、将来必要とされるエンジニアになるために、ネットワーク設計やクラウドに関する知識やスキルを学ぶのがおすすめです。

TCP/IP全般の基礎知識

TCP/IPは、コンピューターがネットワーク通信を実施する際に定められた世界共通のプロトコル(規約)の総称です。そのため、ITネットワークを構築するうえで最も重要な通信技術といえるでしょう。

私たちが異なるOSやハードウェアを使っていても通信できるのはTCP/IPがあるためです。逆に言うとTCP/IPがなければ通信できません

たとえば、Windows10とMacOSでデータのやり取りができるのも、iPhoneとアンドロイドのスマホでやり取りできるのも、すべてTCP/IP通信に決められた共通のルールのもとでアプリや技術が開発されているためです。

つまり、ネットワークを学ぶうえでTCP/IPの理解は必須といえるので、最初に勉強するのがおすすめです。

OSI参照モデルの知識

OSI参照モデルとは、コンピューターネットワークを形成して、さまざまなデータをやり取りするためのネットワーク世界標準の規則です。

OSI参照モデルは、ネットワーク通信をするために必要な機能を7つの階層に分けて、階層ごとに詳細にルールを定めています。

OSI参照モデル

ネットワーク機器やサーバーなど世界中の装置と通信するための基準となっていて、ネットワークを理解するためにOSI参照モデルの勉強は欠かすことができません

通信はどんなに複雑で高度な技術が開発されたとしても、実際に動かすための基本的な仕組みはOSI参照モデルに準拠しなければ利用できないので、OSI参照モデルを理解できれば、ネットワーク通信の仕組みは理解できたといっても過言ではありません。

たとえば、仕事に必要なメールを取引先に送信したときを例に、仕組みを簡単に説明します。

メッセージを書いて送信したあと、取引先の担当者に届くまでに、送信者側からOSI参照モデルの第7層から第1層まで順番にデータが変換されて、データは第1層を伝って相手に届きます。

受け取った相手側では、逆に第1層から第7層に順番に変換されることで、はじめて人間の目でメッセージを読むことができるという流れです

設計できるスキル

ネットワークエンジニアとして仕事するのであれば、ネットワーク設計に関する知識やスキルを勉強するのが良いでしょう。ネットワーク設計は、ネットワークエンジニアの仕事の中で最上位に位置する仕事です。

ネットワークエンジニアの6つの仕事内容

設計は、顧客が求めるネットワークシステムを形にする仕事であり、要求に見合うネットワーク機器や必要な機能、ルーティング、物理や論理構成、IPアドレス設計などさまざまな情報を洗い出して、一つ一つ漏れなく設計する必要があります。

非常に高度なネットワークの知識とスキルを持っていなければ担当できないので、担当できるエンジニアが不足しているのが現状です

そのため、将来必要とされるエンジニアに成長するためにも、ネットワーク設計を勉強するのが良いでしょう。ネットワーク設計を学ぶには、参考書やWEBサイト、実務を通して学ぶ方法があります。

ネットワーク設計を学ぶには

ネットワーク設計を学ぶ方法として、「①参考書で学ぶ」「②WEBサイトで学ぶ」「③実務を通して学ぶ」の3つの方法があります。

いずれの方法でもネットワーク設計に必要な知識やスキルは何か概要を掴みつつ、実際の構成例をもとに、ネットワークを作るにはどのような設計が必要なので、そのために欠かすことができない知識やスキルは何かを学ぶのが良いでしょう

たとえば、本社とは別に新しく支店を作る場合に、支店から本店、本店から支店にそれぞれ通信するために、IPアドレスをどのように割り振るのかを決定するのがIPアドレス設計です。IPアドレスはいくつ必要で、将来的な増設は必要か、部署ごとに通信範囲を制限するのかによってアドレスレンジ(範囲)を設計していきます。

特に、実務を行っている人であれば、ネットワーク設計書を見て実際の構成がどのようなポリシーのもとで設計されているのかを読み込んでみるのも勉強になるためおすすめです

クラウド化できるスキル

現在のITシステムは、必要なときに必要な場所でサービスを利用できるクラウド化の流れが加速しています。クラウド化とは、自社で管理していたデータなどをインターネット上でサービスを行っている外部事業者に移管することです。

クラウド化が進む背景には、クラウドサービスが持つさまざまなメリットが、現在のライフスタイルや企業運営に合致していることが挙げられるでしょう。クラウド化により自分で高価な機器やハードウェアを購入する必要がなくなるため、コスト削減効果があります

また、クラウド化により必要な資料やデータはインターネット上にあるため、アクセスできる環境があれば場所を選ばず仕事ができます。テレワークで家庭と仕事の両立や自然豊かな場所で生活しながら働きたいなど、ライフスタイルを重視した働き方に対応できるメリットがあります。

このような背景から今後もますますクラウド化への流れが加速していくことが予想されているため、将来需要が高い技術であるクラウドを勉強するのがおすすめです

ネットワークエンジニアにおすすめの勉強方法3ステップ

ネットワークエンジニアにおすすめの勉強方法として、「参考書で勉強する」「WEBサイトで勉強する」「スクールに通って勉強する」の3つがあります。

ネットワークエンジニアにおすすめの勉強方法3ステップ

この章では、それぞれ具体的な勉強方法について解説するので、参考にしてみてください。

①参考書で勉強する

最もオーソドックスといえるのが参考書を購入して勉強する方法です。参考書はネットワークの専門家が監修しているため、必要な知識やスキルを体系的に学ぶことができます

そのため、参考書のはじめのページから終わりまで読み進めるだけで必要な知識が身に付くというメリットがあります。

また、インターネットがつながらない場所でも勉強できるうえに、持ち運びもそこまで困難ではないことから、自分の好きな時間に自分のペースで勉強できるのもメリットのひとつです

具体的にどのような書籍を使って勉強すれば良いか、おすすめの書籍を3冊紹介します。


マスタリングTCP/IP 入門編

マスタリング TCP/IP 入門編

ネットワークの勉強で重要なTCP/IPの勉強に最もおすすめの書籍が「マスタリングTCP/IP 入門編」です。マスタリングTCP/IPは、初心者にもわかりやすいので、最初から順番に読んでいくだけでTCP/IPのすべてがわかる参考書となっています。

ネットワークを勉強するうえでバイブル的な存在の書籍であることから、知っている人も多いのではないでしょうか。この本では、ネットワークの基礎から学びつつ、TCP/IP基礎知識からプロトコルの深い内容までトータル的に学ぶことができます

この本1冊を読んで勉強するだけでTCP/IPは大丈夫といえる内容になっているのでおすすめです。

3分間ネットワーク基礎講座

3分間ネットワーク基礎講座

3分間ネットワーク基礎講座」は、ネットワークの基礎や概要を勉強するうえでおすすめの書籍です。特にネットワークをこれからはじめて勉強する人や堅い内容の参考書が苦手という人に向いています。

博士と助手が会話形式でネットワークについて説明する形で解説が進行して、読者は会話を読んでネットワークの知識と理解を深めていく流れになっています。

ネットワークの起源からはじまり、コンピューターがどのような仕組みで通信しているのか、そして徐々にネットワークの仕組みについて語られていくため、理解しやすいのが特徴です

この本で勉強すると、ネットワーク通信のイメージをつかむことができるようになっているでしょう。

インフラ/ネットワークエンジニアのためのネットワーク技術&設計入門



インフラ/ネットワークエンジニアのためのネットワーク技術&設計入門」は、ネットワーク設計業務の勉強におすすめの書籍です。

ネットワーク設計の知識やスキルに必要である「VLAN設計」「アドレス設計」「冗長化」「仮想化」などを、実際の構成例をもとに図解で解説しているのが特徴です。設計にかかわったことがない人でも読みやすく、理解しやすい内容にまとめられています。

ネットワーク設計を目指す人向けの書籍なので、ネットワーク初心者向けの書籍ではありません。ですが、初心者が勉強したとしても設計に必要な知識や構成のイメージをつかむことができるほど内容が良くまとまっています。

ネットワークを設計するために必要な業務の流れや設計の考え方、目的などはこの1冊で十分といえるほどの内容となっています。運用や構築から設計へのキャリアアップを目指す人の勉強に役立つでしょう。

②学習サイトで勉強する

現在はインターネットを使ってネットワークエンジニアの勉強に役立つ情報サイトを見つけることができるでしょう。たとえば、「ネットワークエンジニア 勉強 おすすめ サイト」などと検索すれば、非常に多くのWEBサイトが表示されるので、検索したサイトの中から勉強することができます。

一方で、サイトの数が非常に多いので、内容にもバラつきがあるのも事実でしょう。中には精度の低い情報サイトも存在していて、調べたらがっかりした思いを経験した人も多いのではないでしょうか。

そこで、どのサイトを使って勉強するのが良いか知りたい人も多いと思うので、おすすめのサイトを紹介します。

3分間ネットワーキング


3分間ネットワーキング」は、先ほど書籍でも紹介した「3分間ネットワーク基礎講座」のWEBサイトです。かなり昔からある有名なサイトのため、知っている人も多いかもしれません。

このサイトでは、ネットワークの基礎から順番に学ぶことができるため、ネットワーク初心者におすすめです。

ネットワークの知識に必要な情報は網羅されているため、第1回目から読み進めていくだけで体系的に勉強できるようになっています

一方で、博士と助手による会話形式で読み進める中で、ところどころ笑いに走ったり掛け合いなどがあるので、ネットワークについて純粋に勉強するのが好きな人には少し不向きな内容かもしれません。

そのため、ネットワークを楽しみながら気軽に勉強したいという方に向いているサイトです。

ネットワークエンジニアとして


ネットワークエンジニアとして」のサイトは、ネットワーク初心者から実務経験者まで幅広く勉強できるサイトです。このサイトは、ネットワークエンジニアが勉強すべき内容と情報が非常によくまとまっているのが特徴です。

また、自分のネットワークの理解度にあわせて勉強できて、資格取得や実務にも非常に役に立つ情報が分かりやすく解説されています。

サイトはシンプルに作られていて、訪れた人が確認しやすい構成であるため、このサイトで勉強すればネットワークエンジニアに必要な勉強は十分であるといえるでしょう

ネットワークの勉強をこれからはじめる人にも、エンジニアとして仕事に携わっている人が勉強する場合でも役に立つサイトとしておすすめです。

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典


「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典は、ITに関わる知識を広く解説している有名なサイトです。ネットワーク以外でもサーバやデータベースなどのインフラや、WEBなどの分からない用語も簡単に理解することができます。

ページの最初に簡単な意味の要約があるため、知らない用語が出てきたときに最初に調べるサイトとしておすすめです。

ネットワークのおべんきょしませんか?


ネットワークに関する基本的な技術の仕組みを学ぶことができるサイトです。他サイトと比べるとやや専門的で正確な解説がされているので、より深く勉強したいときにおすすめです。

③実務を通して学習する

ネットワークエンジニアの仕事を通して実践で学ぶのもおすすめです。実務を通して学習することで、どのような仕組みで通信がおこなわれているか、ネットワークの重要性をじかに体験できます。

実際に配線しネットワーク機器を設置したりして、物理的なネットワークを学習できます。また、ネットワーク機器にログインして状態を確認したり、Pingを打って通信が正常におこなわれていることを繰り返して、企業ネットワークの基礎を学ぶこともできます

運用、保守、監視業務では、手順書に沿って決められた内容を順番通りに繰り返し作業することで、よりネットワークの理解が深まるでしょう。

設計できるスキル

ネットワークエンジニアのキャリアパスを考えた場合に、ネットワーク設計を担当できる知識やスキルを身に付けるのが良いでしょう。ネットワーク設計の知識やスキルは、設計を担当しなくても学ぶことができます。

たとえば、運用や監視を担当するエンジニアとして手順書通りに仕事を行っているときでも、ルーターの設定を見てどことどのような通信をおこなううための設定が入っているのか、IPアドレスの範囲をなぜこのように区切る必要があるのかなど疑問に思うことが重要です。

また、LANや組織全体の構成図とを照らし合わせて、実際に通信がどこを経由してどこと通信されているか全体から見ることでイメージを掴むことができるでしょう

可能であれば、ネットワーク設計書を閲覧してわからないことは上位者に直接聞いて理解を深めることを繰り返すことで、設計に必要な知識やスキルを学びましょう。

クラウド化できるスキル

クラウド化の流れが加速しているので、企業ネットワークをクラウド化するための勉強をするのがおすすめです。既存のネットワーク環境からクラウド化するには、現状のネットワーク環境を把握するところからはじめます。

次にクラウド環境へ移行するために、クラウドの設計、構築、運用、保守を担当します。そのため、クラウドを担当するエンジニアの基本的な業務の流れは、ネットワークと同じと考えて差し支えないでしょう

クラウドに関する独自の知識やスキルが必要になるので、アマゾン・ドットコム社のAWSに代表されるクラウド化に必要な勉強をすると良いでしょう。

関連記事:クラウドエンジニアとは|高い将来性と年収からキャリアパスまで解説

効率的にネットワークエンジニアの勉強をするためのおすすめの方法2選

ネットワークエンジニアには、どのような勉強が必要か理解できたでしょうか。仕事をしながら勉強するのは、時間的にも精神的にも大変で勉強し続けるのは難しいと思っている人も多いでしょう

この章では、効率的にネットワークエンジニアの勉強をするためのおすすめの方法を2つ紹介するので、参考にしてみてください。

スクールに通って学ぶ

ネットワークエンジニアの勉強を最も効率良く、面倒な事前準備も必要なく勉強できるのがスクールに通う方法です。

スクールでは、カリキュラムに従って勉強していくだけで効率的に勉強ができること、また同じ目的で勉強している人がいるため、交流を持てたり時には切磋琢磨しながら高いモチベーションを維持しつつ勉強できるなどメリットが多いのが特徴です

一方で、スクールで学ぶ際の注意点は2つあり、ひとつは数十万円という高額な費用が必要となる場合もあるということ、もうひとつは通うスクール選びがとても重要であることです。

スクール選びでは口コミだけに頼らず、自分で体験に行ったり、受講生から話を聞いたり、実際の講義の様子などを確認するのが良いでしょう。

またネットワークに精通した講師のもとで勉強できるのか、カリキュラムやスケジュールの組み方、担当講師が監修しているのか、1クラスの人数は多すぎないか、サポート体制は手厚いかなど確認するのが良いでしょう

専門の講師と手厚いサポートが充実||ネットビジョンアカデミー

ネットビジョンアカデミーは、IT系エンジニアが勉強するスクールの中で、ITインフラに特化している専門のスクールです。ネットワークに精通した専門の講師が監修したカリキュラムとスケジュールをもとに勉強ができます

また、サポートも手厚くネットワークの勉強とあわせて転職や就職の支援もおこなっているのも魅力のひとつです。

また、高額な受講料もネットビジョンアカデミーが提携している100社以上の企業の中から選んで就職すると無料になります。スクールで学びたいけど費用面で悩んでいる人や就職や転職を考えている人には特におすすめです

関連記事:【受講料0円! 】現役スクール生に聞いてみた! ネットビジョンアカデミーの『ココ』がいい!

勉強会に参加して勉強する

ネットワークエンジニア向けの勉強会に参加して学ぶ方法もあります。最近はITエンジニア向けの勉強会が増えてきていることもあり、インターネットで検索すると情報サイトを簡単に見つけることができるでしょう。

書籍やWEBサイトを使って勉強すると、わからない箇所は自分で調べる必要があるので、調べられないとわからないままになってしまって不安な人や、スクールに通うのが難しい人は勉強会に参加して質問できる環境で学ぶのも良いでしょう

この章では、おすすめの勉強会を2つ紹介するので、参考にしてみてください。

Connpass

Connpassは、ITエンジニア向けの勉強会を取り扱っている情報サイトです。ITエンジニア全般を取り扱っているので、ネットワークエンジニア向けの勉強会を見つけることができるでしょう。

ネットワークの知識やスキルを持っていない初心者から、実務経験を積みステップアップを目指したい上級者向けの勉強会までさまざま取り扱っています

勉強会にかかる費用ですが、無料の勉強会もあれば有料の勉強会もあり、著名な講師が主催するものから、有資格者ではあるが無名の方まで幅広く開催されています。

また、実際に会場に行く方法やオンラインで開催している場合もあるので、自分が参加したい内容や対面が良いのかオンラインが良いのか確認して参加するのが良いでしょう。

TECHPLAY

TECHPLAYもITエンジニア向けの勉強会を取り扱っている情報サイトです。勉強会の仕組みや参加方法についてはConnpassと同じです。

しかし、登録している講師や開催される勉強会の内容は異なるので、自分が学びたい勉強会がConnpassになくてもTECHPLAYで見つかる場合もあるでしょう。

会場やオンラインでの勉強会のいずれの方法でも、わからないことを直接確認できるというメリットは得られるので、独学で勉強していて煮詰まってしまったり、同じ受講生同士で交流を広げることもできるのが魅力のひとつです

自分が得たい知識やスキルに見合った勉強会かは講師や内容によってバラつきがあるため、カリキュラムを確認したり講師の実績や参加者の口コミなど確認したうえで申し込むことをおすすめします。

ネットワークエンジニアに役立つ資格の取得もおすすめ

ネットワークエンジニアに必要な知識やスキルを身に付ける方法として資格を取得する方法もあります。

資格を取得することによって、第三者が客観的にその人がどのような知識とスキルをどの程度持っているかが証明できます

この章では、ネットワークエンジニアが取得すべきおすすめの資格を紹介するので、参考にしてみてください。

CCNA

ネットワークエンジニアに最も役立つ資格がCCNAです。CCNAは、アメリカのシスコシステムズ社が認定している世界標準の資格です。

シスコシステムズ社は、同社のネットワーク機器の取り扱いやネットワークサービスを提供できるエンジニアであることを証明するうえで、5段階のレベルに分けて認定しています。

CCNAは、アソシエイトのレベル2に該当し、ネットワークの基礎知識を習得し同社の製品を使用したネットワークの運用・保守・監視業務を担当できるレベルであることを証明する資格です

シスコ認定資格

同社はネットワークに必要なルーターやスイッチにおいて、世界ナンバー1のシェアを持っているので、ネットワークに関わる人なら誰もが知っている有名な企業です。

CCNAは、ネットワークの基礎から同社が提供するネットワーク機器を操作するための知識やスキルを学ぶことができるため、ネットワークエンジニアが最初に取得するべき資格としておすすめです

関連記事:CCNAとは|試験の難易度から合格するための勉強方法まで紹介

CCNP

CCNPは、先ほど紹介したCCNAの上位資格であり、プロフェッショナルのレベル3に該当します。大規模ネットワークの運用やネットワークの設計や構築業務といった上流工程へキャリアアップを目指すエンジニア向けの資格となっています。

そのため、ネットワークエンジニアで運用や保守、監視業務を担当していて、将来上流工程である設計や構築を目指したいと考えている人が勉強して取得するのがおすすめです

CCNPでは、ネットワークに関する広く深い知識とスキルを勉強できますが、その他セキュリティやワイヤレスをはじめネットワークの知識やスキル以外の重要な技術を学ぶことができるのも取得するメリットです。

関連記事:CCNPの難易度は? 取得のメリットや勉強方法を解説!

LPIC

LPICは、Linuxに関する知識やスキルを持っていることを証明する資格で、3つのグレードに分かれています。

LPICグレードランクの一覧

LinuxはオープンソースのOSであることから、非常に信頼性が高く、企業や個人が自由に利用できることからサーバーなどで広く使われています。そのため、LPICの勉強をすると、Linuxサーバーに関する基礎から管理者として業務をするうえで必要となる知識やスキルを身に付けることができます。

LPICは、CCNAと同様、世界基準の資格のためエンジニアとしての業務を幅を広げインフラ全般を担当するインフラエンジニアを目指すうえで必要な知識です。ネットワークの勉強とあわせて学んでおくのがおすすめです。

関連記事:LPICとは|身につくスキルとメリットから勉強方法まで解説

AWS

クラウドサービスの中でも特にAWSは、誰もが知っているアマゾンドットコムが認定している資格で、仮想サーバーの作成やWebサイトの運用、ビッグデータ分析などさまざまな知識やスキルを学ぶことができます

AWS認定試験の一覧表

クラウドサービスは、インターネットを通してさまざまなサービスを使い、なかでもサーバーやストレージ、ソフトウェアなどが代表的なサービスです。

クラウドは、PCやスマホなどインターネットに接続できる環境があれば、自分でサーバーやストレージなどを用意する必要がないので、必要なときにサービスを利用できるというメリットがあることから近年急速にサービスが普及しています。

今後もクラウドの需要は高いので、将来クラウド化の流れが加速することにあわせて勉強するのがおすすめです

幅広い知識を学んでネットワークエンジニアとして活躍しよう

ネットワークエンジニアとして役立つ勉強方法について、理解できたでしょうか。

これからネットワークエンジニアを目指す人も、すでに実務を担当していてエンジニアとしてキャリアアップを目指す人にも役立つ書籍やWEBサイト、スクールやIT資格を紹介したので、参考にしてみてください。

自分に合った勉強方法を活用して、幅広い知識を学んでネットワークエンジニアとして活躍しましょう

未経験からのエンジニア転職は資格の取得で成功に近づける

資格取得支援バナー

「未経験からエンジニアに転職したいけど、何を勉強すればいいかわからない」という悩みを持っている人は、まずは資格取得をめざしてみてください。資格を持っていれば未経験でも「知識がある」という証明になります。


ネットビジョンアカデミー」なら、資格取得率99%・最短1か月で資格の取得が可能です


ITスクールに通えば、わからないことはすぐに聞けるので知識0からでも、大丈夫。資格をとって優良企業へのエンジニア転職が可能です。完全無料で転職サポートまで受けられるので、まずはネットビジョンアカデミーについて詳しくチェックしてみてください。


CTAボタン

記事の監修責任者

飯塚 寛也
エンジニアとして移行調整・NW更改作業・クラウドシステムの設計・構築等を手掛ける。 入社2年目でネットワーク最高資格であるCCIEの筆記試験に合格。 人材開発室にてCCNA/CCNPの勉強会を50回以上開催、100名以上の合格者を輩出し、スクール事業の礎となる。
▶監修責任者からのメッセージを読む

無料カウンセリング、参加受付中!

IT業界やネットワークエンジニアのこと、
当校や入校に関する疑問、ご相談などお気軽におたずねください。