合格体験記

  1. ネットビジョンアカデミー
  2. 合格体験記
  3. A・S様のCCNA合格体験記

合格体験記


2019.09.30
A・S様のCCNA合格体験記

【受験日】

 2019/9/30

 

【取得点】

 852点

 

【何回目の受験か】

 1回目

 

【学習方法】

・Learning box

・eden

・Packet Tracer

・講義資料

 

【学習期間】

 1ヶ月間

 

【出題内容】

 出題数62問

 ・シュミレーション問題 1問

 OSPF
 対策資料そのまま出題されました。
 私の場合はTabキーが使えなく、ほとんどのコマンドを打ち込みました。
 資料自体を全部暗記していたので何とか対処できました。

 

 ・シナリオ問題 2問

 ACL
 対策資料そのまま出題されました。

 DHCP
 対策資料ほとんどそのまま出題されました。

 

 ・Drag&Drop 4問

 TCP/UDPプロトコルの分類
 PPPoEメッセージの送信順
 AD値
 その他1問 不明(LerningBoxからの出題と思われます。)

 

 ・選択問題

 Learning Boxから70%ほど同じ問題が出題されていたように感じました。
 ただ文言まで完全一致の内容は多くはなく、多少文章が違っていたり、英語⇔日本語の単語に変わっていました。
 初見の問題は多いように感じました。

 

【試験の感想】

 思っていたよりも初見の問題が多く戸惑いました。
 それも画像を見て判断する問が多く、講義の内容を理解したうえで
 その内容がコマンド上でどのように表示されるかを知っておかないと解いていくのは難しいと感じました。

 試験対策はかなりしたつもりでいたのですが、全く知らない単語が出てくることもあり消去法でも解くことが難しいような感じでした。

 試験を始めて最初から2問ほど全く分からない問題が続き、
 3問目ですぐOSPFのシュミレーション問題となったのですがTABキーがほとんど使えず時間を消費してしまいました。
 最初の二問に続きTABキーが使えない状況でとても焦りました。
 その他LerningBoxから出題される問題がありましたが一言一句同じものは少なかったように思います。

 

【受験者へのアドバイス】

 ・選択問題、
 learningboxは完璧にできるようにしておくべきだと思います。
 答えについては一言一句覚えるつもりで進めていくべきだと感じました。
 試験の中でlearningboxからの問題もありましたが多少文章が違うので、すべて覚えておくことができればその内容と照らし合わせて解きやすくなると感じました。
 どんなにlearningboxをこなしても、初見の問題は出てくるのでlearningboxの問題で点数を取れるようにしておければ安心かと思います。

 

 ・シミュレーション問題
 対策資料通り出題されたので、Packet Tracerで何度も練習するべきだと思います。
 今回の私の場合はTABキーを使用できなかったので、できればすべて打ち込めるくらいにできるようなっておくと安心かと思います。
 そのせいで初めから15分ほど時間を消費してしまい焦りましたが、問題の内容は対策資料と全く同じなのでしっかり覚えておければ問題ないと思います。

 

 ・シナリオ問題
 設問自体は対策資料通りに出題されたので、edenの解説動画を見ながらPacket Tracerでしっかり復習しておくとよいと思います。
 シナリオ問題は何が出るのかが分からないので本当に全て出来るようにしておくべきだと思います。
 問題と問題の答えだけでなく、各機能の基本的な概要や、動画で解説されている要点をしっかり理解しておく必要があります。



PAGE TOP