合格体験記

  1. ネットビジョンアカデミー
  2. 合格体験記
  3. K・T様のCCNA合格体験記

合格体験記


2019.06.07
K・T様のCCNA合格体験記

【受験日】

2019/6/7

 

【取得点】

859

 

【学習方法】

・Learning Box

・講義資料

・Packet Tracer

 

【学習期間】

約1ヵ月間程度

 

【出題内容】

出題数62問

■Sim問題 1問    

【VLAN】(講義内容と全く同じでした)

■シナリオ問題 2問 

【ACL】【EIGRP(GURE)】(講義内容と同じでした)

■Drag&Drop 4問

■選択問題:55問

Learning Boxからほぼ同じ問題が出題されていました。

 初見の問題はおそらく3問程度だったと思います。

 

【受験生へのアドバイス】
・選択問題ですが、体感としてはLearning Boxから8~9割近くが出題されたと思います。
 問題文と選択肢も、Learnig Boxの出題とほとんど一緒でした。
 ですので、Leaning Boxを繰り返し解いて、全ての問題を丸暗記するくらいの気持ちが大事だと思います。

 

・D&D問題も、全てLeaning Boxから出題されました。

 

・シナリオ問題はACLとEIFRP(GRE)の2つが出題されました。
 ACLとEIFRP(GRE)ともに問題文・選択肢は講義で使った資料と全く同じ内容でした。
 ただ、私の場合は2問目でEIGRP(GRE)のシナリオ問題が出題され、全4問解くべきだったのですが、
 焦って1問しか答えずに「次へ」をクリックしてしまいました。
 とてももったいないことをしたと後悔しています。
 その後に出題されたACLのシナリオ問題は、ちゃんと落ち着いて全3問を全て解いた上で「次へ」を
 クリックしました。
 シナリオ問題は配点がかなり高いので、ここで問題を見落とすと合否の大きな影響が出るので、
 焦らずに時間を掛けて解くことが大事だと思いました。

 

・Sim(シミュレーション)問題はVlanが出題されました。
 こちらも講義で使った資料を完璧にしていれば必ずちゃんと解ける内容でした。
 注意すべき点としては講義ではパケットトレーサのルータをクリックして設定変更・修正のコマンド入力を行っていましたが
 試験本番ではルータへの修正は全てPCアイコンをクリックして行うという点です。
 あと、マウスの真ん中にあるホイールは実際の試験では何故か使えない仕様になっているので、
 画面の上下スクロールは全てPC画面右端のスクロールバーからして下さい。

 

・Leaning Boxをどれくらいやったかが、合否を左右すると言っても過言ではないと思います。
 1ヶ月という短い期間の中では時間の制約もあるので、通勤時間の間にスマホでLeaning Boxを繰り返し解いておくことが大事です。
 まずは1~500問までを総じて100%にすることを目指し、その次の段階として500%くらいまで目指せるとかなり良いと思います。
 問題の1つ1つの答えの意味を理解できればいいのですが、1ヶ月では全てを理解しようとすると無理なので、答えだけを丸暗記する
 気持ちで行くしかないと思います。余裕があれば、ネットで知らない用語をコツコツ調べて行くと良いと思います。



PAGE TOP