合格体験記

  1. ネットビジョンアカデミー
  2. 合格体験記
  3. H・T様のCCNA合格体験記

合格体験記


2018.11.30
H・T様のCCNA合格体験記

【受験日】
2018/11/30

 

【取得点】
901点

 

【学習方法】
・Ping-T
・Learning Box
・講義資料
・パケットトレーサーによるシミュレーション練習
・3分間ネットワーキング(WEBサイト)
・ネットワークエンジニアとして(WEBサイト)

 

【学習期間】
1ヶ月間

 

【出題内容】
全問題数53問。

~選択問題 42問~
Learning Boxからほぼ同じ内容の問題が半分ほどでました。
問題文が変わっているものが多い印象でした。

~ドラッグ&ドロップ問題 4問~
TCP/UDP、 STP、 セキュリティ機能、 NWトラブルシューティング

~シュミレーション問題 2問~
VLAN、 OSPFv6

~シナリオ問題 5問~
ACL、 DHCP、 RIPv2、 EIGRP,、 EIGRP GRE

 

【受験者へのアドバイス】
講義の内容は、参考書で理解できない部分を丁寧に例えを用いて説明して頂けます。
実機演習での説明があるので、参考書やWEBサイト以上に知識と経験を得られると思います。
日々の予習・復習はもちろん重要ですが、講義の内容を理解して技術説明できるのかが重要になってくると思います。
試験を受けて感じたのは、講義と日々の勉強をしっかりやれば必ず合格できると思います。
実際の試験は思っている以上に難しかったです。

 

実際の試験問題はLeraning Boxととほぼ同じ内容で出題されます。
100%にして望むことをオススメします。
しかしながら、問題文が少し変わって出題される傾向があるので、余裕があれば問題文を暗記するだけではなく、内容を理解することで実際の試験問題に対応できると思います。

 

シミュレーション問題は、試験にでてくるとすごく焦りがでてきます。
なので、パケットトレーサーでコマンド入力を指で覚えることが一番だと思います。
試験問題は簡単なので、落とせない問題だと思います。

 

シナリオ問題は特に入念に復習をしたほうがいいと思います。
試験では一番時間を使う分野だと思います。

 

実際、もっと点数を取れると思っていました。

しかし、問題が少し変わっていたりすると本当にこの選択肢で合っているのか不安になります。

内容をもっと理解していればそういうことは無かったのかなと思い、少し悔しかったです。
覚えることが多いので、大変ですがなるべく講義中に内容を理解できれば帰ってからの復習が非常に楽です。

講義を受けるときはしっかり聞いて、休むときは休む。

オンオフはやっぱり大切だなと改めて感じました。



PAGE TOP