研修日記

研修日記


2018.03.08
6日目 研修日記

本日の研修日誌を担当します、鈴木です。
よろしくお願いします。(おそらく暫く私です笑)


本日は研修6日目!!!!


↓本日の学習内容↓
●動画視聴(7つの習慣)
●技術説明(前日学習分)
●ルーティング応用編
●ARPについて
●RIPについて



(^ω^)<動画視聴


本日は、第3の習慣「重要事項を優先する/大きな石」について視聴しました。


小さな石(雑事)が入ったバケツと、大きな石(重要事項)があります。
大きな石はあなたにとって重要で大切なこと、
「人間関係作り」「自己啓発」「将来の計画」 などなど・・・・。


大きな石を出来るだけ入れようとすると、全ての石が入りません。


小さな石が先に入っている事で、
重要なことが、また先送りになってしまいます。


そうです!大きな石を先に入れればいいんです。


時間管理や人生計画も同じです。
先に大きな石から予定にいれましょう\(^o^)/




(^ω^)<技術説明


前日学習したルーティング基礎の問題を、
1人1問、自分の言葉でプレゼンします。


ネットワークエンジニアとして、プレゼン力は大切!


「ルーティングの原則は?」
Router on a stickとは?」


自分の言葉で説明するのは難しいですが、
積極的に手を挙げて発表しています(`・ω・´)b!!!



(^ω^)<ルーティング応用編




ルータが経路選択する上で、優先することは?


 ①ロンゲストマッチ
 ②アドミニストレーティブディスタンス
 ③メトリック


上記の順番で優先されます_(:3」 ∠)_


簡単に言えば、
 ①ネットワークアドレスが一番長く一致しているルート
 ②信頼度が高いルート(AD値が低いルート)
 ③プロトコルごとに決められている基準値が最も小さいルート


プロトコルには、RIPOSPFEIGRPなど様々あります!!!


後で、プロトコル1つ1つの勉強もします(`・ω・´)b



(^ω^)<ARP


MACアドレスとIPアドレスの関連付けはどうするの?


今まで学んできた事で疑問に感じていたことがスッキリ!!!!
点と点の知識が線になる講義でした\(^o^)/


ARP=IPアドレスからMACアドレスの情報が得られるプロトコル


コンピュータ間で通信するためには、
 ①送信元MACアドレス
 ②宛先MACアドレス
 ③送信元IPアドレス
 ④宛先IPアドレス
この4つが必要です。


この中で送信元の端末が認識していないのは?


・・・・②です!!!!


端末さんは②を教えて~と他のコンピュータに聞くわけです。
②のアドレスを持つ端末さんが教えることで、4つ全部揃います。( ゜Д゜;)すごい


これにより通信が出来るようになるわけです♪


この流れをアドレス解決といいます(^ω^)b



(^ω^)<RIPについて


ルーティング応用編で勉強した、
ルーティングプロトコルの一つです(^ω^)


ディスタンスベクター型と言って、
距離と方向によって最適ルートを決定します。


簡単に言えば、ホップ数(経由するルータの数)です。
RIPのメトリックはホップ数になるのです!




ここで実機演習!!!!!



diary

diary

ルータを4台使用してRIPによるルーティングに挑戦!!!


直接接続ルートに障害が発生したらどうなる??


自動的に迂回路に復旧するんです!!!!( ゜Д゜;)さすがです。



※おまけ


研修室には、CCNAの試験勉強に役立つ参考書を多数準備しています。
研修生は自由に借りる事が出来るので、自宅学習も捗ります♪



diary

~CCNAシリーズ~


他にも、エクセルやCCNP、サーバ系の参考書などがあります!


時々紹介していきたいな、と思ってます。


最後までお読みくださり、ありがとうございます。
また明日も是非、お読みください~~_(^^#)(#^^)/



PAGE TOP