カリキュラム紹介

カリキュラム紹介


2018.10.10
OSI参照モデル

OSI参照モデルとは、通信を7階層に分割したモデルで、ISO(国際標準化機構)によって策定されました。

1984年に策定した当初は世界標準のモデルとして利用されることを想定していましたが、実際にはTCP/IPモデルが普及したためOSI参照モデルは普及しませんでした。

現在はあくまで設計や障害復旧の際に構造を理解するための参照モデルとして広く利用されています。

レイヤ7 アプリケーション層
レイヤ6 プレゼンテーション層
レイヤ5 セッション層
レイヤ4 トランスポート層  
レイヤ3 ネットワーク層

レイヤ2

データリンク層
レイヤ1 物理層



PAGE TOP